西から雨雲が接近中。夕方には九州〜東海まで雨雲が広がり、関東も今夜から広く雨。明日29日にかけて広い範囲で雨や風が強まり、関東など朝の通勤通学時間帯は春の嵐に。東海を中心に「警報級の大雨」や、北日本太平洋側で「警報級の暴風」の恐れも。荒天に十分な警戒を。

西から天気下り坂

画像A

西から天気が下り坂です。
今夜は東シナ海にのびる前線が九州にかかる見込みです。また、朝鮮半島付近にある低気圧が前線を伴いながら、明日29日(金)にかけて急速に発達しながら日本海北部を東へ進むでしょう。

南から暖かく湿った空気が流れ込んで、九州など西日本を中心に、すでに雨が降りだしている所があります。

今夜は雨風ピーク 関東など通勤通学時間帯に荒天の恐れ

画像B

午前中は弱い雨が中心でしたが、午後は九州から次第に本降りとなるでしょう。
夕方には九州から東海の広い範囲で雨が降り、今夜は雷雨や激しい雨の降る所もありそうです。
関東も夜から広く雨でしょう。次第に本降りの雨となり、沿岸は風も強く、横殴りの雨になりそうです。

明日29日(金)に日付が変わると、北陸や東北、北海道も雨になりそうです。雪の多い所では、雪解けが急速に進むため、低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害、なだれにご注意ください。

雨風のピークは、九州や中国、四国は明日29日未明ごろまで、近畿や東海、北陸は明日朝にかけて、関東は明日午前中、東北は明日未明〜昼過ぎにかけて、北海道は明日日中となりそうです。

静岡県では今日28日(木)の午後6時以降、明日にかけて「大雨警報」が発表される可能性が「高い」という情報が出ていて、東海を中心に大雨となる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒をしてください。
また、明日29日(金)は、福島県、宮城県、岩手県では、沿岸海上を中心に南寄りの風が強まり、「暴風警報」が発表される可能性が「高い」見込みです。

強まる雨風によって、交通にも影響が出る恐れがあります。やむを得ず、雨や風のピーク時間帯に外出をする際は、時間に余裕を持って、十分お気をつけください。また、関東から北海道にかけての海上は、波も高くなるため、船舶は注意、警戒が必要です。