今夜は太平洋沿岸部に発達した雨雲がかかるでしょう。あす7日(木)は局地的に雨や雪の降り方が強まります。落雷や突風にも注意。ひょうが降ることも。また、全国的に北よりの風が強まるでしょう。

今夜 四国から東海の沿岸部は雨・風強まる

画像A

きょう6日(水)の日中は、前線を伴った低気圧が九州の南を東進し、雨の範囲が西から東へ広がりました。今夜は、九州では雨のやむ所もありますが、中国・四国から東海、北陸は広く雨です。低気圧に近い太平洋側沿岸部では雨や風が強まるでしょう。関東の雨は、日中は南部の沿岸部が中心でしたが、夜遅くなると内陸部も含めた広い範囲に雨雲がかかりそうです。東北や北海道は気圧の谷の通過に伴って雨や雪の降る所があるでしょう。

あす木曜も天気回復とはいかず

画像B

あす7日(木)は、低気圧が日本の東へ進み、次第に西高東低、いわゆる冬型の気圧配置に変わります。冬型といえば、日本海側は雪や雨、太平洋側は晴れ、という天気分布ですが、あすは地上天気図にはあらわれない「上空の気圧の谷」が通過するため、太平洋側もすっきり天気回復とはいきません。しかもこの「上空の気圧の谷」は「寒気」を伴うため、雨雲や雷雲が発達しやすく、局地的に強い雨や雪を降らせ、落雷やひょうをもたらす可能性があります。

午後は急な強い雨に注意 夜は山沿いで雪に

あすは、九州や中国、四国では、明け方には雨のやむ所が多く、日中は日の差す所があるでしょう。ただ、山陰は雨雲のかかりやすい状態が続き、晴れ間の出る所も昼過ぎにかけては所々でにわか雨がありそうです。近畿は雨が降ったりやんだりで、夕方にかけてはカミナリを伴って雨が強く降る所もあるでしょう。なお、山陰から近畿北部では夜になると山沿いで雪に変わる所がある見込みです。東海や関東は、朝の通勤・通学の時間帯も雨の残る所があるでしょう。日中はいったん雨がやみますが、午後は大気の状態が不安定になり、再び雨の降る所がありそうです。北陸や東北は断続的に雨や雪で、夕方以降は雪のエリアが広がるでしょう。短い時間に雪の降り方が強まって、急に積雪が増えるかもしれません。北海道は日中はおおむね晴れるでしょう。

強まる北風にも気をつけて

なお、あすは等圧線の間隔が狭くなり、全国的に北よりの風が強まります。最高気温は平年並みの所が多いですが、冷たい北風が体感温度を下げるでしょう。特に寒気が流れ込む夜は、寒くなりますので、暖かい服装でお出かけください。