北海道や東北は14日(木)にかけてと16日(土)は大荒れの恐れ。15日(金)から16日(土)は九州から関東で雨、雨の後は冷たい北風。18日(月)以降は広く晴れて、暖かな日差しが届く。

あすの天気

画像A

14日(木)は、低気圧が発達しながら未明から明け方にかけて津軽海峡付近を通過するでしょう。朝にかけて東北北部の上空およそ5000メートル付近には大雪の目安とされる36度以下の寒気が流れ込む見込みです。
【各地の天気】北海道は昼過ぎにかけて雪雲がかかるでしょう。ふぶく所もありそうです。東北は昼前にかけて雪を伴った西よりの暴風が吹く恐れがあります。予想される最大瞬間風速は日本海側は35メートル、太平洋側は30メートルと、何かにつかまっていないと立っていられないくらいの風です。また、日本海側を中心に大雪となる所があるでしょう。ふぶきや吹きだまり、大雪による交通への影響にご注意下さい。北陸は午前中を中心に雪や雨が降り、雷が鳴る所があるでしょう。石川県や福井県では明け方まで急な強い雪や雨、落雷や竜巻などの激しい突風の恐れがあります。ご注意下さい。近畿の日本海側も昼前まで急な強い雨、落雷や突風に注意が必要です。関東、東海、近畿の太平洋側、中国地方、四国、九州は日差しが届く見込みです。沖縄は東シナ海に延びる前線の影響で、雲が多く夜は雨が降るでしょう。

最低気温は、けさ(13日)と同じくらいか低い所が多い予想です。北海道や東北北部は5度くらい低くなる所がありそうです。最高気温は、ほぼ平年並みの所が多い予想です。

あさって以降の天気

画像C

15日(金)は、日本海の低気圧が前線を伴って東へ進む見込みです。16日(土)は、低気圧が日本の東で発達しながら北東へ進むでしょう。16日夜には上空1500メートル付近で氷点下6度以下の寒気が北陸付近までまで南下する予想です。平地で雪の目安となる強い寒気です。15日は九州から近畿にかけて前線の通過で雨が降るでしょう。雨は長く降り続くことはなく、短い時間でザーッと強く降りそうです。前線の通過前は南風、通過後は北風が強めに吹くでしょう。東海や関東では16日に雨雲がかかりそうです。北陸は16日は雪や雨が降るでしょう。東北も雨が降りだし、次第に雪に変わる見込みです。北海道も雪雲がかかるでしょう。東北北部や北海道の道南付近では雪が強まることがありそうです。東北や北海道では北または西よりの風が吹き、太平洋側で大荒れとなる恐れがあります。

17日(日)から18日(月)にかけては大陸の高気圧が本州付近まで移動してくる見込みです。17日は九州から関東にかけて日差しが届くでしょう。ただ、上空の気圧の谷の影響で、晴れマークの地域でも雨が降る所があるかもしれません。北陸から北海道は寒気の影響が残り、雪や雨の降る所がありそうです。18日は九州から北海道にかけて晴れ間が広がる見込みです。19日(火)から20日(水)にかけても広く晴れの天気が続きそうです。

15日以降の最高気温は平年並みか平年より高い所が多い予想です。ただ、雨が降ったり、北風が吹いたりする日は寒く感じられるでしょう。18日は「春の彼岸の入り」暑さ寒さも彼岸まで。18日以降は日差しが暖かく感じられそうです。