大阪城西の丸庭園にある大阪の桜の標本木のつぼみは、少しずつですが膨らんできています。近畿地方は、この先気温の変動がかなり大きくなりますが、来週には開花の便りも届きそうです。

先がほんのりピンク色に

画像A

近畿地方でも桜の咲く季節が近づいてきました。大阪城西の丸庭園にある大阪の桜の標本木のつぼみは、19日朝の時点では緑色が目立ちましたが、先が少しピンク色のものもありました。開花まで、まだもうしばらく時間がかかりそうです。

気温変化はジェットコースター並み

画像B

近畿地方は、21日からの一週間は気温の変化が大きくなる見込みです。21日は雨が降るものの、南から暖かい空気が流れ込むため、平年より気温が高くなるでしょう。その後は冬型の気圧配置に変わって上空に寒気が流れ込むため、ひと月前の気温に戻る見込みです。ただ、寒気の流れ込みは一時的で、その後はまた気温が高くなるでしょう。桜のつぼみの生長は、週末の寒さでいったん足踏みしますが、来週には再び生長してくれそうです。来週辺りから、そろそろお花見の計画を立ててもよさそうです。