8日(月)夕方は、関東付近は大気の状態が不安定。強い雨や雷雨に注意。10日(水)から11日(木)は、本州の南を低気圧が東進。九州に発達した雨雲がかかる。関東も冷たい雨に。

8日(月) 関東付近で大気の状態不安定

画像A

8日(月)は、日本海の低気圧は夜には北陸付近まで進むでしょう。関東の南には低気圧が発生し、東へ進む見込みです。関東や北陸付近は大気の状態が不安定になりそうです。九州から東海は、気圧の谷の通過で朝まで雨雲のかかる所があるでしょう。日中は晴れ間が広がる見込みです。関東は日差しは控えめです。最高気温は20度に届く所はなく、7日(日)までの暖かさはないでしょう。夕方は雨や雷雨がありそうです。降るのは一時的ですが、急な強い雨にお気をつけ下さい。北陸は晴れたり曇ったりで、夕方以降は雨や雪が降るでしょう。東北や北海道は雲が多く、所々で雨や雪が降りそうです。

画像B

9日(火)は、本州付近は移動性の高気圧に覆われるでしょう。大陸の前線を伴った低気圧は、夜には東シナ海まで進む見込みです。東北や北海道の雨や雪は止み、九州から北海道にかけて日差しが届くでしょう。九州では天気は下り坂です。次第に雨が降り出すでしょう。

10日(水)九州〜近畿は大雨の恐れ 関東の気温は2月下旬並み

画像C

10日(水)は、低気圧が九州付近を通過する見込みです。九州は雨が降るでしょう。今の所の予想では、発達した雨雲がかかるのは未明から朝にかけてです。寝ている人の半数が、雨の音で目が覚めるくらいの土砂降りとなるでしょう。低気圧は九州を抜けると、本州の南を東進する見込みです。四国、中国地方から東北南部にかけて、雨が降るでしょう。低気圧の発達の程度によっては、九州、四国や近畿の太平洋側で、大雨となる恐れがあります。
最高気温は、平年より低くなる所があるでしょう。東京都心では10度を少し超えるくらいで、2月下旬並みの予想です。およそ一か月前の服装を思い出し、暖かくしてお過ごし下さい。

11日(木)以降 晴れ間が広がるのはいつ?

11日(木)は、低気圧は日本の東へと離れていく見込みです。日本列島には西から気圧の谷が近づくでしょう。天気はスッキリ回復とはいきません。全国的に雲が多く、北風が吹くでしょう。最高気温は、ほぼ平年並みとなる所が多い予想です。
12日(金)から13日(土)にかけては、大陸から日本付近に高気圧が移動してくるでしょう。12日は日差しの届く所が多い見込みです。ただ、関東や東海付近は、気圧の谷の影響で雲が広がりやすいでしょう。雨が降る所があるかもしれません。13日は、全国的に暖かな日差しが降り注ぐ見込みです。
14日(日)は、気圧の谷が深まりながら、日本列島に接近する見込みです。南から暖かく湿った空気流れ込むでしょう。広く雨が降る見込みです。