14日(日)から15日(月)にかけて、日本海を低気圧が発達しながら東進。東日本や北日本を中心に春の嵐に。局地的に雷が鳴り、土砂降りの雨も。

14日(日) 南風強く吹く 発達した雨雲がかかる所も

14日(日)から15日(月)朝にかけて、日本海を低気圧が発達しながら東へ進む見込みです。14日夕方から15日朝にかけて、低気圧から延びる寒冷前線が、九州から本州を通過するでしょう。低気圧は、15日の日中に北海道を通過する見込みです。
14日は、日本海の低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込みます。本州付近は大気の状態が不安定になるでしょう。九州から関東は、雲に覆われるでしょう。前線が接近する前から雨が降り、雷が鳴る所がありそうです。特に、前線が通過する夕方以降は急な強い雨、落雷に注意が必要です。突風が吹くこともあるでしょう。東北に雨雲がかかるのは、夜となりそうです。北海道は日中は大体晴れて、雨雲がかかるのは日付が替わる頃でしょう。全国的に南風が吹き、次第に強まります。前線の通過後は、北風または西風に変わるでしょう。

15日(月) 天気回復しても強風続く

15日は、九州から関東、東北の太平洋側は、日差しが届くでしょう。北陸や東北の日本海側は、寒気の影響で雨や雪の降る所がありそうです。低気圧が通過する北海道は雨が降るでしょう。降り方が強まることがありそうです。雪となるの山の一部です。
低気圧は、北海道に近づく頃から動きが遅くなるため、九州から北海道の強風は長く続きそうです。ご注意下さい。

南西諸島 別の低気圧が通過 激しい雨・突風の恐れ

14日は、大陸から東シナ海に延びる前線上に、低気圧が発生する見込みです。この低気圧は、15日にかけて南西諸島を通過するでしょう。前線や低気圧に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込みます。大気の状態が非常に不安定になるでしょう。今のところの予想では、低気圧や前線が南西諸島を通過するのは、14日夜から15日未明にかけてです。雨が降る時間は短いですが、雷を伴って、滝のような雨が降るでしょう。九州南部にも発達した雨雲や雷雲がかかるかもしれません。低気圧や前線が通過する前は南風、通過後は北風が強く吹く見込みです。竜巻などの激しい突風が発生する恐れがあります。ご注意下さい。