メイン画像

九州はこれから週末にかけて、この時季としてはかなり暖かい空気が流れ込むため、季節はずれの暑さになるでしょう。内陸など30度以上まで気温が上がる所もある見込みです。特に屋外で運動や作業をされる方は熱中症にご注意ください。

週末にかけて真夏日のところも

きょう(19日)の九州は穏やかに晴れて、日中の最高気温は23度くらいの所が多く、汗ばむ陽気でした。あす(20日)は高気圧の中心が九州付近に進み、南からこの時季にしてはかなり暖かい空気が流れ込んでくる見込みです。暖気の流れ込みは週末にかけても続きますので、九州はあす(20日)から22日にかけて内陸を中心に最高気温が25度以上の夏日の所が多く、6月並みの季節はずれの暑さとなるでしょう。内陸部や盆地など30度以上の真夏日になることも考えられますので、特に屋外で運動や作業をされる方は熱中症に注意が必要です。

熱中症対策

体が暑さに慣れていない時季に急に6月並みの暑さになるので、熱中症にならないようにしましょう。のどが渇かなくてもこまめに水分を補給し、たくさんの汗をかいた時には塩分もいっしょに摂るようにしてください。屋外では日陰を利用するなどし、涼しい場所で休憩するようにしましょう。着る服は風通しのよいものにし、帽子や日傘で強い日差しを避けるとよいでしょう。