あす5月1日(水・天皇の即位の日)、令和のスタートは雨の所が多いですが、西から天気は回復に向かいそうです。その後、GW後半は行楽日和となる所が多いものの、2日と3日はにわか雨に注意が必要です。

あすの天気 令和のスタートは雨も 天気回復へ

画像A

あす5月1日(水・天皇の即位の日)は前線や低気圧の影響で、北日本や東日本はすっきりしない天気が続きます。朝晩を中心に雨が降る所が多いでしょう。一方、西日本の雨は朝までの所が多く、天気は次第に回復する見込みです。九州北部などでは、令和最初の日の出を拝めるかもしれません。最高気温は九州から東北では20度を超える所が多く、北海道もほとんどの所で16度前後の予想です。日中は少し動くと汗ばむような気温でしょう。

あさって以降の天気 10連休後半は晴れる日が多い

画像B

2日(木・休)になると、前線や低気圧はだんだんと東に離れ、この日以降は晴れる所が多くなる見込みです。北海道は3日(金・憲法記念日)頃まで前線や低気圧の影響が残りますが、4日(土・みどりの日)以降は行楽日和でしょう。ゴールデンウィーク後半にかけて日中の気温は上がり、九州から関東では25度前後の汗ばむ陽気となりそうです。東北と北海道も20度くらいの日が多いでしょう。

2日・3日 にわか雨注意

2日・3日は広い範囲で晴れますが、本州付近の上空をこの時期として強い寒気が通過する見込みです。このため、北日本から西日本では大気の状態が不安定となり、所々でにわか雨や雷雨となる可能性があります。今後も最新の天気予報をご確認ください。