17日(金)から18日(土)は、沖縄や奄美は雨の降り方に注意。17日は九州でも雨。雨の範囲は東へ移り、関東では18日から19日(日)にかけて本降りの雨。発達した雨雲がかかる所も。

あすの天気

画像A

日本の東の高気圧は、動きが遅くなっています。15日(水)は、北日本付近に南から湿った空気が流れ込むでしょう。日本の南に延びる前線は、ほとんんど停滞する見込みです。
【各地の天気】沖縄は、曇り空でしょう。奄美も雲に覆われて、雨が降る所がありそうです。九州は、日差しが届く時間帯がありますが、雲が広がりやすいでしょう。太平洋側では、一時的に雨の降る所がありそうです。四国、中国地方は大体晴れる見込みです。近畿も、晴れ間が広がるでしょう。南部では朝晩、にわか雨の所がある見込みです。北陸は、明け方まで雨が降る所がありそうです。日中は晴れ間が広がるでしょう。東海の雨は、朝にはやむ所が多い見込みです。昼間も雲が多いでしょう。関東の雨も朝までに止んでいる所が多いですが、千葉や茨城では、昼頃にかけても雨雲がかかりそうです。東北は、雲が多いでしょう。北部の所々で、夕方にかけて雨や雷雨がありそうです。北海道は、太平洋側を中心に雲が広がるでしょう。夕方以降は、ザッと雨が降る所がありそうです。

最高気温は、沖縄や奄美は28度くらいの予想で、6月上旬から中旬並みでしょう。九州は、東シナ海側を中心に28度くらいまで上がる予想です。内陸では7月並みの所もあるでしょう。太平洋側は22度くらいと、4月下旬並みの所がある見込みです。四国、中国地方から北陸は22度から25度くらいの予想で、6月並みの所もあるでしょう。東海や関東は22度前後で、平年並みかやや低い見込みです。東北南部は、20度くらいの予想です。平年よりやや低くなる所が多いでしょう。東北北部は、21度から22度くらいの所が多い見込みです。平年並みかやや高いでしょう。北海道は、内陸で20度を超える所がある予想です。7月並みの所もあるでしょう。

あさって以降の天気

画像C

16日(木)は、日本付近に湿った空気が流れ込む見込みです。また、東シナ海の前線上に低気圧が発生するでしょう。九州は、東風が強まり、太平洋側を中心に雨が降りそうです。四国、中国地方から北海道にかけては、日差しが届く所が多いでしょう。一部では、にわか雨がありそうです。
東シナ海に発生する低気圧は、17日(金)に九州付近を通り、19(日)にかけて本州の南を東進する見込みです。低気圧や前線に向かって、南から梅雨どきと同じくらいの暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。17日は、九州や四国は雨が降る見込みです。中国地方や近畿にも雨雲がかかりそうです。雨雲は局地的に発達し、短い時間で雨量が多くなる恐れがあります。雨雲は次第に東へ移動します。18日(土)は、九州では日差しが届くでしょう。近畿から東海を中心に雨が降る見込みです。関東でも雨が降り出すでしょう。
今のところ、低気圧は19日に関東付近を北東へ進み、三陸沖を北上する予想です。関東では、18日から19日にかけて、土砂降りの雨になることもあるでしょう。東風のち北風が強めに吹き、傘がさしづらくなりそうです。
20日(月)は、上空の気圧の谷が日本列島に近づく見込みです。曇りや雨の所が多いでしょう。

沖縄・奄美の天気

14日、気象庁は、奄美地方は平年より3日遅く梅雨入りしたと見られる、と発表しました。
16日から18日にかけて、前線が南西諸島を南下する見込みです。沖縄や奄美では、雨が降るでしょう。前線の通過する時は、雨や風が強まりそうです。特に17日から18日は、奄美に発達した雨雲がかかるでしょう。雨の降り方に注意が必要です。
19日は、沖縄、奄美ともに日差しが届きそうです。20日は、大陸から南西諸島にかけて前線が延びる見込みです。沖縄、奄美に雨雲がかかるでしょう。
沖縄の平年の梅雨入りは、5月9日ごろです。

蒸し暑さ増す

16日は、上空1500メートル付近で9度以上の暖気が北陸付近まで、17日から20日にかけては、北海道まで流れ込む見込みです。北海道付近では、平年より5度以上高い暖気です。最高気温は、沖縄は6月並みの日が続くでしょう。九州から東北は、平年並みか高い日が多い見込みです。20日は7月並みになる所もあるでしょう。北海道では6月並みの気温が続き、この時期としてはめったにない高温となることもありそうです。湿気もたっぷりで、蒸し暑くなります。熱中症など体調管理にお気をつけ下さい。