青空が広がった4月19日、藤原岳に登りました。福寿草など、春を告げる花々が綺麗に咲いていました。

藤原岳の頂きを目指す

画像A

藤原岳は、鈴鹿国定公園の三重県いなべ市と滋賀県東近江市との境界に位置し、「花の山」として一年を通して花を楽しむことができる有名な山です。今回は、春の花を探しに、表登山道である大貝戸道で、藤原岳最高点の天狗岩まで登りました。

春を告げる花々

画像B

はじめは木々の中を登っていく登山道でしたが、八合目からは徐々に視界が開けてきました。登山道の周りには様々な花が現れはじめ、福寿草、ヒトリシズカ、カタクリを見つけることができました。今年は季節の進みが早いため、すでに見頃を過ぎている花も多くありましたが、どれも綺麗に咲いていて、とても楽しむことができました。

画像C

画像D

あすも晴れて登山日和 熱中症に注意

画像E

あすの東海地方も、よく晴れる見込みです。三重県いなべ市も安定した晴天になるので、藤原岳も絶好の登山日和になるでしょう。ただ、これまでよりも更に気温が上がりやすく、内陸部を中心に最高気温が30度以上の真夏日になる所がある見込みです。登山など外出の際は、熱中症対策を万全に行い、こまめな水分補給を忘れないようにしてください。