季節外れの暑さから一転、春に戻る。特に、関東や東北は昨日との気温差大。午後は、九州から関東、北陸、東北のあちらこちらで雨。

きょうの天気

一昨日、昨日と、季節外れの暑さをもたらした高気圧は離れます。さらに、西からジワジワと前線が延びてきます。
【各地の天気】
沖縄は日差しがあるでしょう。ただ、南からの湿った空気の影響で大気の状態がやや不安定です。午前を中心に所々でにわか雨があるでしょう。
九州は、早い所は午前中から弱い雨が降り始めます。昼過ぎからは北部の広い範囲で雨となり、ザッと強く降る所もあるでしょう。南部も所々に雨雲がかかる見込みです。
中国地方も昼ごろから雨の範囲が広がってきます。夜は山陰で雷雨になる所がありそうです。
四国と近畿、東海、北陸は、午前中は晴れ間があるでしょう。午後は厚い覆われ、夕方以降はあちらこちらで雨となりそうです。
関東は一日雲が多く、夕方から雨の所があるでしょう。
東北も雲が主役で、夜は次第に雨。夜遅くなるほど本降りになりそうです。
一方、北海道は前線や湿った空気の影響を受けず、穏やかに晴れるでしょう。

きょうの最高気温 関東と東北はきのうとの差が大

きのう曇りや雨だった沖縄は、日差しが戻って気温が上がります。那覇はきのうより3度ほど高い27度の予想です。
そのほかは、きのうより低くなる所が多いでしょう。
福岡と高知で23度、広島で22度、松江で21度と、九州や中国、四国は22度前後の所が多いでしょう。きょうは昼間も羽織るものがあると良さそうです。
近畿や東海、北陸も、きのうほど上がりません。大阪で24度、京都で27度、名古屋で26度、福井で24度、金沢で22度など、きょうは30度以上の真夏日の所はなく、暑さは和らぎます。
関東と東北南部は、特にきのうとの気温差が大きくなります。東京はきのうより7度ほど低い21度の予想です。また、仙台は、きのうは真夏日に迫る暑さでしたが、きょうは14度までしか上がらないでしょう。そのほかの各地も、きのうとの気温差が10度前後の所が多い見込み。日差しがほとんどないので、「暑さが和らぐ」どころか少しヒンヤリと感じられそうです。
東北北部もきのうのど上がりません。盛岡は16度、青森は15度と、この時期本来の気温に戻ります。
一方、晴れる北海道は、きのうと同じか高い所が多いでしょう。札幌は15度と、平年よりやや高めです。そのほかも15度前後の所が多いでしょう。網走や紋別など、きのう3度〜5度くらいと寒かったオホーツク海側沿岸部も、10度近くまで上がりそうです。