24日(火)は朝の通勤通学時や夕方以降の帰宅時に所々で雨脚が強まるでしょう。道路が川のようになるほど激しく降ったり、カミナリが鳴ったりする所もありそうです。

晴天一転、今週は広く傘が必要に

先週末は高気圧に覆われ、全国的に晴れましたが、今週は一転、前線の影響で雨が降るでしょう。23日(月)は西日本の一部に雨雲がかかりはじめました。24日(火)は前線が九州から東北付近まで延びて、広い範囲で傘が必要になりそうです。前線に向かって梅雨時のような暖かく湿った空気が流れ込むため、局地的に雨雲や雷雲が発達するでしょう。また、前線の動きが遅いため、雨の量が多くなるおそれがあります。

火曜は滝のような雨の所も

九州・中国・四国は、24日(火)朝の通勤・通学時間帯に所々で雨脚が強まるでしょう。日中は次第に活発な雨雲がかかりやすくなり、夕方から夜の帰宅時間に強い雨のピークとなる可能性もあります。土砂降りとなって、道路が一気に冠水したり、川の水かさが急激に増えたりしそうです。特に九州北部では夕方にかけて局地的に滝のような雨が降るでしょう。近畿や東海も次第に雨の範囲が広がり、午後は本降りの雨となる所も。夜遅くなるほど雨の降り方が強まりそうです。北陸は雨の一日で、朝晩を中心にザーザー降りとなる所がありそうです。関東は北部の早い所では昼頃から雨。広く雨となるのは夜になってからです。強く降ることはありませんが、南風が強まりそうです。

水曜は活発な雨雲が北にも

25日(水)にかけて強い雨のエリアはゆっくり東や北へ移動します。東海や北陸、関東、東北でも所々で雨脚が強まるでしょう。前線の動きが遅いため、雨の強まる場所や時間は変わる可能性があります。下記リンク「豪雨レーダー」や「日直予報士」などで、最新の情報をご確認ください。