この先はゴールデンウィークの初めにかけて、全国的に晴れ間が広がる見込みです。29日(日)から30日(月)頃は、最高気温は6月から7月並みになる所も。

あすの天気

画像A

北海道のすぐ東を低気圧が発達しながら北上するでしょう。大陸の高気圧は東シナ海まで移動してくる見込みです。
北海道は午前中を中心に所々で雨が降り、オホーツク海側では雪やみぞれの所もありそうです。東北も日本海側を中心に朝まで雨が降る所があるでしょう。日中は天気は回復し晴れる見込みです。北海道や東北は西よりの風が強めに吹くでしょう。北陸は朝晩は雲が広がりやすく、明け方まで弱い雨が降る所がありそうです。関東甲信は日中は晴れる見込みです。夜は雲が多くなりますが、雨が降る確率は低くなっています。東海、近畿、中国地方も多少雲が広がる程度で大体晴れる見込みです。四国と九州北部も晴れの一日でしょう。九州南部は雲が多いですが、雨が降る確率は一日を通して低めです。沖縄は時々雲が広がりますが、晴れる時間が長いでしょう。
最高気温は関東甲信は5月下旬から6月上旬並みで、その他の地域はほぼ平年並みの所が多いでしょう。

あさって以降の週間天気

27日(金)頃は日本付近は弱い気圧の谷となり、雲が広がりやすくなるでしょう。天気の大きな崩れはなさそうです。28日(土)から29日(日)頃にかけては本州付近は高気圧に覆われる見込みです。全国的に晴れるでしょう。北海道では風が強めに吹きそうです。30日(月)以降は次第に高気圧の中心は日本の東へ移るでしょう。高気圧の後面にあたる九州付近は雲が広がり、天気は西から下り坂へ。2日(水)頃は九州から関東の広い範囲で雨が降る見込みです。
この先、最高気温は全国的に平年より高い日が多いでしょう。特に29日(日)から30日(月)頃は6月から7月並みとなる所もでてきそうです。お出かけは熱中症予防を心がけましょう。こまめに水分補給が出来るように、水筒を持ち歩くなどするとよさそうです。
北日本の桜は、東北北部では満開を迎えており、北海道の道南も開花まであとわずかです。