桜の開花予想第10回を発表しました。
桜前線はついに北海道に?!

2018年 桜開花と満開の傾向

一般財団法人 日本気象協会は、日本全国92地点の桜(標本木[ソメイヨシノほか]53地点、自治体・公園など36地点、および日本三大桜3地点)の開花予想(第10回)を本日発表しました。
ついに北海道でも開花が発表され、桜前線の終着まであと少しとなりました。
◆◆最新! 桜の開花予想はこちら◆◆

気象予報士からのコメント From北日本

◆東北地方(日本気象協会 東北支社 佐藤理恵子)
東北地方では、3月の初夏のような陽気の影響で南部の桜は平年よりかなり早く開花しました。また、先週開花した北部の桜は、週末の夏のような気温の影響で、一気に満開を迎えました。今週末は花びらの絨毯や桜吹雪、花筏を楽しめるところが多くなりそうです。
◆◆東北地方の桜開花情報はこちら◆◆
◆北海道地方(日本気象協会 北海道支社 持田浩)
北海道にもいよいよ桜前線が上陸しました。週末にかけて、初夏の陽気に誘われて函館や札幌などではつぼみから一気に開花へと向かうでしょう。その後も桜前線は平年より3日から6日早く北海道を北上する見込みです。大型連休中はピンク色に咲き誇る桜を楽しめる所が多いでしょう。
◆◆北海道地方の桜開花情報はこちら◆◆