6日は全国各地で気温が上がり、大分県日田で38.2度、大阪市は36.9度と体温を上回る暑さに。東京都心は猛暑日にはならなかったものの、34.2度まで上がりました。この暑さはおさまらず、6日夜は熱帯夜となる所が多く、7日は再び猛暑となりそうです。

6日は全国各地で気温が上昇し、一番高い所は、大分県日田で38.2度まで上がりました。全国のアメダス929地点のうち、猛暑日は113地点、真夏日は690地点となり、ともに今年最多となりました。(午後5時まで)
全国各地でうだるような暑さになりましたが、この暑さはおさまらず、6日夜は関東、北陸から九州、沖縄にかけて、広く夜間の最低気温が25度以上の熱帯夜となる所が多いでしょう。7日は、朝から気温が高い上に、強い日差しで日中は再びぐんと気温が上昇します。最高気温は引き続き西日本で35度以上の猛暑日が続く他、東京でも35度近い暑さ、秋田で36度、北見で35度が予想されています。北海道は今年初めての猛暑日となる所が出るかもしれません。北日本も含めて日中は猛烈な暑さになるでしょう。
7日は「立秋」。暦の上では秋となりますが、秋とは、まだまだほど遠い厳しい暑さになるでしょう。残暑がこの先も厳しくなりそうです。暑中お見舞いから、残暑見舞いに切り替わりますが、なかなかお会いできない方や気になる方に、お見舞いのお葉書を送ってみてはいかがでしょうか。