台風9号と10号に続き、20日(土)午前9時、日本の東で台風11号が発生。このあと11号は北西へ進み、今夜には関東の東へ達し、さらにあすにかけ東北や北海道に接近する恐れがあります。

台風11号の最新情報

20日(土)午前9時、日本の東で台風11号が発生しました。台風は1時間におよそ45キロの速さで北西へ進んでいます。中心の気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルです。このあと台風11号は北西へ進み、今夜には関東の東へ達し、さらにあすにかけて東北や北海道に接近する恐れがあります。

台風9号と10号の動きにも注意

台風9号は22日(月)から23日(火)頃に本州付近にかなり接近、上陸の可能性があります。東日本や北日本を縦断していくような進路をたどりそうです。台風10号は本州の南を西南西へ進むでしょう。進路によっては九州南部、または沖縄へ近づく可能性があります。
詳しくは下記リンク相原予報士の記事「3つの台風が列島に影響か」をご確認ください。