台風10号は勢力を強めながら北東進。28日(日)には「強い」から再び「非常に強い」勢力に。30日(火)に東北から関東、東海にかけて本州に接近し、上陸の恐れがあります。

30日(火)に上陸する恐れも

27日(土)午前9時現在、強い台風10号は南大東島の南東を時速10キロの速さで、東北東へ進んでいます。この先、勢力を強めながら北東へ進む見込みです。28日(日)には再び、「強い」から「非常に強い」勢力に。30日(火)午前9時には強い勢力で、関東の東海上に、その後、北西に進路を変えて、東北から関東、東海地方にかけて本州に接近し、上陸する恐れがあります。この先もスピードはそれほど速くありませんが、徐々に加速しながら、本州付近へ近づく見込みです。
すでに停滞する前線の影響で、雨の降っている所がありますが、28日(日)は、台風北側の湿った空気が入りはじめるとともに、西から寒気が流れ込み、西日本を中心にかなり大気の状態が不安定に。西日本から東日本にかけて、局地的に大雨となる恐れがあります。激しい雨や落雷、突風に警戒が必要です。
台風周辺の湿った空気が入る29日(月)は、次第に荒れた天気に。上陸が予想される火曜は雨風ともに強まり、大荒れの天気が予想されます。海上の波はすでにやや高くなっている所もあり、28日(日)以降は、うねりを伴った高波に警戒が必要です。
追記:台風10号は、27日午後3時、非常に強い勢力になりました。

台風10号の特徴は?

今回の台風10号は、発生地点を折り返してUターンするような不思議なコースを通っています。この先もまだ進路が定まらず、台風の中心が入る確率が70%とされる予報円が大きくなっています。台風中心よりも東側にあたる地域ほど大荒れになる恐れが高く、今の予報から進路が西になればなるほど、大荒れの天気となる地域が拡大します。最新の台風情報をこまめにご確認いただき、早めに警戒をお願いいたします。
また、台風は一時、「猛烈な」台風になる予想が出ていましたが、けさの予報ですと、一番発達して28日(日)から29日(月)頃にかけて「非常に強い」勢力です。ただ、この台風の勢力というのは、中心付近の最大風速を示しています。今回の台風は、中心付近の最大風速が弱まり、勢力のランクが下がったとしても、風速15メートル以上の強風域の幅は広がる恐れがあります。強風・高波の警戒エリアが拡大する恐れが高く、接近前から風の影響が出始めそうです。この週末のうちに大雨対策に加えて、風に飛ばされやすいものは部屋の中へ入れておくなど、暴風対策も行っておきましょう。
日本気象協会 気象予報士 石榑亜紀子