3日(憲法記念日)は活発な雨雲や雷雲が東や北へ。四国や近畿、東海、関東で激しい雨や非常に激しい雨の恐れ。沿岸部で風も強まるでしょう。4日(みどりの日)は上空に寒気が入り、大気の状態が不安定に。

3日にかけて激しい雨や非常に激しい雨

2日の日中は九州に活発な雨雲がかかり、激しい雨の降った所がありました。
3日にかけて日本海と本州の南岸沿いを低気圧や前線が進む予想で、荒天のエリアは次第に東や北へ広がりそうです。
九州では今夜(2日)は雨のピークを越えますが、四国や中国、近畿は今夜いっぱい、東海は3日の朝にかけて雨や雷雨で、激しい雨や非常に激しい雨の降る所もあるでしょう。激しい雨や非常に激しい雨とは傘が役に立たないような降り方で、道路が川のようになってしまうこともあります。土砂災害や河川の増水、氾濫、低い土地の浸水に注意、警戒が必要です。
関東も今夜遅くには雨が強まり、3日の午前中は激しい雨の降る所もあるでしょう。沿岸部では風も強まり、横殴りの雨の所もありそうです。列車の遅れや高速道路の規制など交通機関に影響のでる可能性もありますので、ご注意下さい。
東北や北海道は3日は一日雨で、所々で雨や風が強まるでしょう。

4日は急な雷雨に注意

4日は上空にこの時期としては強い寒気が流れ込んでくるでしょう。北海道や本州の日本海側は雨や雷雨で、標高の高い山では雪の所もある見込みです。落雷や突風、ひょうにも注意が必要です。関東など太平洋側では晴れ間がでますが、大気の状態が不安定になるでしょう。所々で雨雲や雷雲が発達する可能性があります。屋外のレジャーは急な雨や雷雨にご注意下さい。雷雲がどこで発達しているかを把握するにはtenki.jpの豪雨レーダーが役立ちます。是非、参考になさって下さい。
5日(こどもの日)は北海道や東北は日本海側を中心に所々で雨が降りますが、関東から西は広く晴れて、お出かけ日和になるでしょう。6日(日)も晴れる所が多いものの、西日本は雲が増えて、九州で雨の降り出す所がありそうです。