きょう(24日)は関東甲信で大雪のおそれ。山沿いだけでなく、関東の平野部でも積雪となる所も。

関東甲信 大雪のおそれ 平野部も積雪の可能性

きょう(24日)は伊豆諸島付近に前線を伴った低気圧があって、東へ進んでいます。関東甲信地方には真冬並みの寒気が流れ込んでいる影響もあり、広い範囲で冷たい雨や雪となっています。関東地方の山沿いや甲信地方では大雪のおそれがあります。関東地方の平野部でも積雪となる所があるでしょう。路面の凍結など十分にご注意下さい。※関東甲信地方には大雪注意報が発表されている所が多くなっています。
関東甲信地方は雨の降っている所でも次第に雪に変わるでしょう。冷たい雨や雪はきょうの昼過ぎまで続きそうです。予想される降雪量はあす(25日)6時までの24時間にいずれも多い所で、甲信地方、関東地方北部山沿い15センチ、箱根から多摩地方や秩父地方にかけて10センチ、関東地方平野部5センチ、東京23区 2センチの見込みです。大雪による交通障害や路面の凍結、電線や樹木への着雪などにご注意ください。
東京では「初雪」が観測されました。11月に「初雪」が観測されたのは、1962年(昭和37年)以来、54年ぶりのことです。そのほか、横浜、熊谷、前橋、水戸、宇都宮、甲府も「初雪」の便りが届きました。