9月は台風15号が猛威を振るい、首都圏で記録的な暴風が吹き荒れました。その後も台風17号が列島に接近し、30日も台風18号が沖縄に接近しています。10月は?

台風15号 首都圏で記録的な暴風雨

画像A

9月は台風が6個(台風13号〜18号)発生しました。平年の9月の台風発生数は4.8個なので、今年の9月は平年より多く発生しました。
そのうち台風15号は首都圏に大きな被害を与えました。台風15号は9日午前3時前に神奈川県の三浦半島付近を通過、午前5時前に千葉市付近に上陸しました。関東を中心に9日の未明から明け方にかけて記録的な暴風が吹き荒れました。最大瞬間風速は千葉県千葉市で57.5メートル(4時28分)、千葉県成田空港で45.8メートル(5時36分)、東京都羽田空港で43.7メートル(3時27分)、神奈川県三浦市で41.7メートル(1時33分)を観測。いずれも観測史上1位となり、記録的な暴風が吹き荒れました。
台風本体の活発な雨雲が首都圏にかかり、猛烈な雨や非常に激しい雨も降りました。1時間雨量は静岡県天城山で109.0ミリ(0時31分まで)と観測史上1位の値を更新しました。そのほか、都市部でも非常に激しい雨が降りました。1時間雨量は横浜市で72.0ミリ(3時50分まで)、東京都江戸川区で72.0ミリ(4時29分まで)、千葉県鋸南町で70.0ミリ(3時47分まで)といずれも9月の1位を更新しました。千葉県を中心に大規模な停電が発生するなど、台風15号は大きな爪痕を残しました。

台風17号 広い範囲に影響

さらに台風17号も日本列島の広範囲に影響を与えました。21日、台風17号は沖縄を暴風域に巻き込みながら北上しました。最大瞬間風速は、沖縄県渡嘉敷島47.7メートル(4時54分)、那覇市41.1メートル(3時55分)などと、40メートルを超える風を観測しました。また、22日には宮崎県延岡市では竜巻が発生。三重県紀北町付近で1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられ「記録的短時間大雨情報」が発表され、長崎県対馬市では「50年に一度の記録的な大雨」になった所もありました。台風17号は23日午前9時に温帯低気圧に変わりましたが、各地で強い南風が吹き荒れました。23日には関東でも風が強まり、千葉市で最大瞬間風速24.2メートルを観測しました。

9月に猛暑も

9月だというのに猛暑にも見舞われました。台風は暴風や大雨だけでなく、時には猛烈な暑さももたらします。台風15号の運んだ熱帯の空気と日差しで9日は関東や東海を中心に猛暑となりました。東京都心の最高気温は36度2分と、今年一番の暑さを更新。9月としては4位の高温で、9月に36度を超えるのは2000年以来19年ぶりでした(統計開始1875年)。北海道でも東部を中心に所々で30度を超えて、9月1位の高温となった所がありました。
また、23日には台風17号から変わった温帯低気圧が日本海を進み、本州付近は強い南風が吹きました。特に北陸では、山越えの風が吹き降りるときに気温が上がるフェーン現象で、新潟県で上越市大潟で35度7分(9月では2位タイの高温)、富山県砺波市で35度2分(9月では5位の高温)など猛暑日となりました。

10月は?

画像D

30日、沖縄の八重山地方に接近中の台風18号は10月1日(火)〜2日(水)に東シナ海、3日(木)に朝鮮半島に進み、4日(金)は山陰沖に進んで、温帯低気圧に変わる予想です。台風に吹き込む湿った空気の影響で、九州から近畿では2日(水)から3日(木)にかけて所々に発達した雨雲がかかり、大雨となる恐れもあります。また、九州を中心に暴風や大しけとなる恐れもあり、警戒が必要です。台風が本州付近に近づく頃には温帯低気圧に変わる予想ですが、4日(金)頃は東海や関東、北陸、東北南部でも雨や風が強まる可能性があります。
来週以降は長期予報の資料によりますと、全国的に天気は周期変化になりそうです。西日本や沖縄、奄美を中心に晴れる日が多いでしょう。気温は全国的に平年並みか高く、秋の深まりはゆっくりとなりそうです。関東以西は10月なのにまだ薄着で過ごせる日が多いでしょう。