24日(火)まで日本海側を中心に冬の嵐。大雪に警戒。27日(金)は再び西から天気が下り坂へ。

24日(火)まで日本海側中心に荒天や大雪のおそれ

23日(月)から24日(火)にかけて日本付近は強い冬型の気圧配置となるでしょう。強い寒気が流れ込み、北海道から九州の日本海側を中心に荒れた天気や大雪となるおそれがあります。
23日(月)は北海道は日本海側だけでなく、太平洋側も雪でふぶく見込みです。雪雲が発達して、降り方が強まったり、雷の鳴る所もある見込みです。東北も日本海側は雪やふぶきでしょう。東北の太平洋側にも雪雲が流れ込みそうです。北陸や信越、山陰も雪が降りやすいでしょう。関東は冬晴れとなりますが、東海や近畿、四国や九州など太平洋側も雪の降る所がありそうです。
24日(火)も北海道から山陰の日本海側は雪が降りやすく、積雪がさらに増えそうです。降り方が強まって、一気に積雪が増えることもあります。太平洋側はおおむね晴れますが、東北や近畿、四国などにわか雪がありそうです。

25日(水)〜26日(木) 日本海側の雪は次第に小康状態へ 晴れるエリア広がる

25日(水)は大陸から移動性の高気圧が日本列島に近づいてきます。日本付近の冬型の気圧配置は緩んで、日本列島は26日(木)にかけて、高気圧に覆われる見込みです。北海道、東北の太平洋側、関東から九州は晴れる所が多いでしょう。ただ、東北や北陸の日本海側は寒気の影響が残り、雪が降る見込みです。26日(木)は日本海側の雪もやんで、北海道から九州まで晴れる所が多いでしょう。

27日(金)九州〜近畿で雨 28日(土)東海〜北海道で雨や雪

27日(金)は西から天気が下り坂です。日本海を低気圧が進み、低気圧から延びる寒冷前線が本州付近を通過するでしょう。
まず27日(金)は九州から近畿にかけて広く雨となりそうです。27日(金)は南から暖かい空気が流れ込むため、雪の多い地域では雪どけが進む可能性もあり、山沿いはナダレに、平地でも屋根から落ちる雪に注意が必要です。
28日(土)は東、北へと雨や雪の範囲は移り変わり、東海から北海道にかけて広く雨や雪が降るでしょう。発達する低気圧の影響で、荒れた天気となる可能性があります。九州から近畿にかけての西の地域は天気が回復してくる見込みです。29日(日)も北海道から北陸にかけての日本海側は雪が続きそうです。