きょう(23日)は、日本海側は大雪に警戒が必要です。太平洋側も平地で積雪する所があるでしょう。

北海道の太平洋側東部は昼前にかけて大雪に警戒

きょう(23日)は、北海道付近を昼前にかけて低気圧が発達しながら通過するでしょう。北海道は広く昼前まで雪が降り、ふぶきそうです。北海道の太平洋側東部でも大雪となり、積雪が増える見込みです。太平洋側東部は昼前にかけて大雪に警戒。ふぶきや雪崩、着雪にも注意して下さい。
また、本州付近は西から冬型の気圧配置が強まり、本州の上空5000メートル付近には、氷点下33度以下の強い寒気が流れ込む見込みです。東北から九州の日本海側は広く雪が降り、山地を中心に大雪となりそうです。福岡では午前6時の積雪が2センチとなっていますが、さらに積雪が増える恐れがあります。西日本の日本海側や九州の東シナ海側は平地でも大雪になる所があるので注意が必要です。
一方、太平洋側にも雪雲が流れ込んでいます。西日本や東日本、東北の太平洋側の平地でも雪が降り、積雪する所があるでしょう。西日本の山地は大雪になる所がある見込みです。西日本や東日本の太平洋側は雪に慣れていなので交通機関に影響が発生しやすいでしょう。時間に余裕をもって移動したり、車は滑り止めを用意するなど、十分な注意を行ってください。
あす(24日)朝にかけて予想される降雪量です。いずれも多い所ですが、北陸は80センチ、東北は70センチ、近畿は60センチ、関東甲信と中国地方は50センチ、東海は40センチ、北海道は30センチ、四国や九州北部は20センチの予想です。

全国的に平年を下回る厳しい寒さに

きょう(23日)の日本列島は非常に冷たい空気に覆われています。太平洋側は晴れる所もありますが、気温はあまり上がらないでしょう。最高気温は、札幌や釧路は-3度、秋田2度、仙台4度、金沢2度、東京9度、名古屋6度、大阪5度、広島6度、高知8度、福岡5度、鹿児島8度、那覇16度の予想です。ほぼ全国的に平年を下回る厳しい寒さとなるでしょう。北風が強めに吹いて、一層寒さに拍車をかけそうです。マフラーや手袋を活用し、防寒をしっかりする必要があります。

24日の朝 東京は冬日 旭川は氷点下23度の予想

あす(24日)の朝は冷え込みが強まりそうです。北海道の旭川は-23度、札幌は-13度が予想され、厳しい冷え込みとなるでしょう。また、西日本や東日本でも内陸を中心に氷点下の冷え込みとなる所が多い見込みです。東京や名古屋、高知は-1度、大阪と広島は0度の予想です。積雪や路面凍結による交通障害などに十分にご注意下さい。