昨夜からきょうにかけて広い範囲に雨を降らせた「元台風20号」は、次第に東へ離れます。あす23日の日中は、全国的に晴れるでしょう。この晴天は、貴重なものとなりそうです。

23日(水) 全国的に日差したっぷり

きょう22日、西から晴れのエリアが広がってきましたが、関東と東北は曇りや雨。雨をもたらしているのは、台風20号から変わった温帯低気圧です。この低気圧は、次第に東へ離れるでしょう。
【23日 全国の天気(北から)】
北海道は、ほぼ一日晴れるでしょう。東北と北陸は、朝までは弱い雨の降る所もありますが、昼前にはやんできて、次第に晴れ間が広がる見込みです。関東や東海、近畿、中国、四国にかけて、おおむね晴れるでしょう。雲のかかる時間もありますが、天気の崩れはなさそうです。曇りマークの九州も、昼頃までは晴れ間があるでしょう。気圧の谷が近づくものの、雨が降り出すのは夜になってからです。沖縄は青空が広がります。

東海以西 日中は汗ばむくらい

【23日 全国の気温】
最低気温は、全国的に今朝と同じくらいでしょう。この時期としては高めで、強い冷え込みはなさそうです。
最高気温も全国的に平年より高いでしょう。北海道は広く15度を超え、東北や北陸は20度から22度くらいまで上がる見込みです。関東は23度前後。ヒンヤリ感は解消し、シャツ一枚でちょうど良さそうです。東海から九州は25度以上の所が多く、少し動くと汗ばむくらいでしょう。沖縄は30度近くまで上がります。
なお、夜の気温は、朝とあまり変わらず、極端に冷える所はないでしょう。

西からは次の雨雲が 南には台風21号も

画像C

その先、あさって24日(木)には、低気圧に伴う雨雲が西から広がり、25日(金)から26日(土)にかけて東日本から北日本へと雨の範囲が移ります。その先、来週のはじめにかけて「東北南部・北陸・関東・東海」は曇りや雨。そのほかの各地も雲が多めでスッキリ晴れる日は少ないでしょう。
ということで、あす23日の日差しを有効に使うと良さそうです。
なお、いま日本のはるか南には台風21号があり、北上しています。この台風は、上陸せずに日本の東の海上を進む予想ですが、進路によっては湿った空気の影響を受けたり、風や波に影響が出てくることも考えられます。今後の動向に注意が必要です。この日直予報士でも、情報を更新しますので、参考になさってください。