13日は全国的に雨です。雷を伴って激しく降ったり、風が強く傘が差しづらくなったりするでしょう。

激しい雨が降るのはどこ??いつから??

あす(13日:日曜)は母の日ですね。日頃の感謝を伝えるために、様々な企画を考えている方も多いと思います。お出かけされる方は空の様子に注意して、雨具を忘れずにお持ち下さい。
【気圧配置】
大陸から東シナ海を通り、西日本や東日本へ前線が延びてくる見込みです。南からは雨雲の元になる湿った空気が流れ込むでしょう。このため、所々で雨雲が発達する見込みです。
【母の日 全国の天気】
沖縄は梅雨の晴れ間となるでしょう。九州南部は曇り空で、雨の降る所もある見込みです。九州北部や中国、四国は昼前には広い範囲で雨雲に覆われ、昼過ぎからは局地的にカミナリを伴った激しい雨が降るでしょう。活発な雨雲の下では突風が吹くこともあるため、注意が必要です。近畿、東海、北陸も昼頃から雨が降り始め、所々でカミナリを伴い雨脚が強まる見込みです。関東甲信は雨の降り始めは夕方からですが、沿岸の地域を中心に朝から風が強いでしょう。このため、夕方から雨が降りだすと、傘がさしづらくなりそうです。時間が遅くなるにつれて、活発な雨雲がかかる見込みです。東北も夕方から雨の降る所がほとんどですが、青森は朝から降ったり止んだりでしょう。北海道の南西部は朝から雨で、昼過ぎには北部、夕方以降は東部へと雨雲が広がる見込みです。
【母の日 全国の最高気温】
沖縄は28度くらいでしょう。九州は26度前後で、雨でも気温は高めです。少しムシムシと感じられるでしょう。風通しをよくしてお過ごし下さい。お弁当を持ってお出かけされる方は食品の取り扱いにお気をつけ下さい。中国、四国から東北にかけては各地とも22度前後でしょう。寒さを感じる気温ではないものの、激しい雨や強い雨で衣服が濡れると、予想以上に体が冷えることもあるため、お気をつけ下さい。北海道は15度前後の所が多く、きょう(12日:土曜)との気温差が大きくなるでしょう。体調を崩さないようにご注意下さい。