16日(土)から17日(日)明け方にかけて、北海道の日本海側は暴風雪に警戒を。18日(月)から19日(火)にかけて、全国的に雨。この雨のあとは、九州でも12月上旬並みの寒さに。

16日(土) 北海道は暴風雪 交通への影響に警戒

画像A

16日(土)、北海道付近は強い冬型の気圧配置となっており、上空1500メートル付近には氷点下15度以下の真冬並みの寒気が流れ込んでいます。東北から山陰は大気の状態が不安定になるでしょう。本州付近は、大陸から張り出す高気圧に覆われる見込みです。
北海道は、17日(日)明け方にかけて、日本海側は西のち北西の風が吹き、暴風雪になるでしょう。猛ふぶきや吹きだまりによる交通への影響や暴風に警戒が必要です。湿った雪による電線などへの着雪にもご注意下さい。太平洋側やオホーツク海側は、日差しが届く所が多く、雨雲や雪雲がかかるのは主に夜でしょう。予想される最大瞬間風速は、日本海側35メートル、太平洋側とオホーツク海側30メートルと、何かにつかまっていないと立っていられないほどの風です。17日午前6時までに予想される24時間降雪量は、日本海側の多い所で50センチです。
東北も西風が強めに吹き、雨や雪が降る所があるでしょう。北陸は気圧の谷の影響で、断続的に雨が降る見込みです。夕方までカミナリが鳴り、雨脚が強まることがあるでしょう。近畿の日本海側や山陰は、晴れたり曇ったりで雨や雷雨の所がある見込みです。
関東は、晴れ間が出るでしょう。北部の山では、朝晩を中心に、にわか雨やにわか雪がある見込みです。東海、近畿の太平洋側、山陽、四国、九州は、大体晴れるでしょう。

17日(日) 北海道の暴風雪おさまる 晴れ間が出る所多い

画像B

17日(日)は、本州付近は移動性の高気圧に覆われる見込みです。北海道付近の寒気は北上するでしょう。
北海道は、暴風雪のピークは明け方までです。日中は次第に風や雪はおさまる見込みです。風や雪のピークは過ぎるものの、最高気温は12月上旬並みと、寒さが続くでしょう。
東北は朝まで雨や雪が降る所がある見込みです。昼頃から日差しが届くでしょう。北陸の雨も昼前までに止み、午後は雲は少なくなる見込みです。
関東は、北部の山で明け方まで雨や雪が降る所があるでしょう。日中は多少雲が広がる程度で、大体晴れる見込みです。東海、近畿、中国地方、四国、九州も、日差しが届くでしょう。関東から九州では、朝晩はこの時期らしく冷えますが、最高気温は平年より高い所が多く、中国地方や四国、九州では、10月下旬並みの所がある予想です。日中は日差しが暖かく感じられそうです。関東から九州では、標高の高い所を中心に紅葉が見頃を迎えている所が多くなっています。

18日(月)〜19日(火) 低気圧が発達 雨のあと寒気流入

画像C

18日(月)から19日(火)にかけて、北海道の北を低気圧が発達しながら北東へ進み、寒冷前線が日本列島を通過するでしょう。前線が通過する前は広く南風が強めに吹き、朝晩の冷え込みも緩む見込みです。前線の通過で雨が降り、この雨のあと、寒気が流れ込みます。19日(火)は、上空1500メートル付近で、平地で雪の目安とされる氷点下6度以下の寒気が東北付近まで南下するでしょう。北海道や東北の日本海側を中心に雪が降る見込みです。低気圧の発達の程度によっては、北海道は再び大荒れの天気となる恐れがあります。雨のあとは、晴れ間が出る地域も、この時期らしい寒さになる所が多いでしょう。北陸や山陰、九州北部では、最高気温が12月上旬並みとなる所がある見込みです。