メイン画像

木曜日は、雨の降る北陸から北で、気温が大幅ダウン。北日本では、最高気温が水曜日より15度近く低くなる所も。

記録的な暑さから一転

17日木曜日は、前線が北日本を南下します。北海道から北陸は雨が降り、前線の北側の冷たい空気が入るため、日本海側を中心に、季節が逆戻りするでしょう。

雷雨、激しい雨も

北海道や東北は、17日木曜日に日付が替わる頃から雨が降り、朝の内までは比較的広い範囲で雨となりそうです。大気の状態が不安定となり、カミナリ雲が発達する所もあるでしょう。特に東北では、局地的にバケツをひっくり返したような激しい雨となりそうです。秋田や山形など、東北の日本海側と北陸は、雨が降りやすいでしょう。

気温急降下

北日本や新潟は、17日は気温が急降下。札幌市の予想最高気温は15度で、16日より13度くらい低くなります。季節は3か月ほど逆戻りしますので、気温の変化に注意を。気温は朝が一番高く、日中は徐々に低くなっていきます。更に北よりの風が強めで、体感温度は「ひと桁」になるでしょう。秋田市は16日の25度9分から、17度まで一気に下がりそうです。新潟市も16日より9度ほど低い21度の予想です。

関東から西は蒸し暑い

関東から九州は、晴れ間の出る所もありますが、全体的にスッキリしません。にわか雨の所もありそうです。最高気温は27度前後で、水曜日のような記録的な暑さは収まるでしょう。ただ、前線の南側で、暖かく湿った空気が入るため、蒸し暑くなりそうです。風通しの良い服を選ぶなど、少しでも蒸し暑さをしのげるよう、心がけてください。部屋の中でも、適切に扇風機やエアコンを使うようにしましょう。