6日は、北海道で今季全国で一番冷え込んだ所も。全国的に昼間も気温はあまり上がらず、所々で真冬並みの寒さ。日本海側の雪は峠を越えますが、12月最初の金曜は、万全な寒さ対策で、お出かけ下さい。

気温のポイント

6日朝は、強い寒気が居座っているため、北日本や内陸部を中心に、冷え込みが強まっています。北海道旭川市郊外の江丹別は、午前6時までの最低気温が氷点下17.8度と、富士山頂を除いて、全国のアメダスで、今シーズン一番の冷え込みになりました。
寒いのは、朝だけではありません。全国的に「昼間も気温があまり上がらない」のがポイントです。最高気温は、関東から九州では5日ほど上がらず、10度前後の所が多いでしょう。鹿児島や松江など、真冬並みの寒さの所もありそうです。東京都心は、年末年始頃の寒さでしょう。太平洋側でも、日差しの暖かさはあまり感じられないので、暖かい服装で、お出かけ下さい。

天気のポイント

天気のポイントは「日本海側の雪は峠を越えますが、太平洋側は天気が下り坂へ向かう」こと。日本海側で降っている雪や雨は、午前中が中心ですが、西日本でも雪やみぞれの所があるでしょう。午後は、雪や雨の降り方が弱まってくる見込みです。ただ、山形県大蔵村肘折で、今季全国で初めて積雪が1メートルに達するなど、山沿いではすでに積雪がグンと増えています。普段、雪に慣れている所とはいえ、大雪になっている所では、雪崩や屋根から落ちる雪に、十分お気をつけ下さい。
一方、太平洋側は、5日よりも雲が増えるでしょう。天気は下り坂へ向かい、夕方以降は、九州や四国など雨の降りだす所がありそうです。12月最初の金曜日で、お帰りの遅い方もいらっしゃると思います。お出かけには念のために、雨具をお持ち下さい。