日本海や対馬海峡で発生した寒気に伴う雨雲が北風に乗って、九州北部の沿岸へ流れ込んでいます。九州は、6日(金)から7日(土)にかけて、寒気や気圧の谷の影響で、一時冷たい雨が降ったり、標高の高い山は雪が混じる所もある見込みです。特に、峠越えされるドライバーの方は路面の凍結などに十分ご注意下さい。

九州北岸中心に時雨れる

6日(金)、九州北部の上空1500m付近には約氷点下6度と、この時期としては強い寒気が流れ込んでいます。現在、日本海から寒気に伴う雨雲が北風に乗って、九州北部の沿岸部に流れ込み、時雨れている所があります。この後、午後も九州北部の沿岸を中心に冷たい雨が降りやすく、夜になると標高の高い山では雪が混じる所もある見込みです。
気温も低くなっており、雨に濡れると一層体が冷えますので、おでかけには防寒対策とともに折り畳み傘など雨具の準備をした方がよいでしょう。

山沿いは路面の凍結に注意

あす7日(土)は、九州北部沿岸は、引き続き寒気の影響を受けて、午前中を中心に時雨れる所がある見込みです。
一方、九州から本州の南の海上を前線が通過するため、九州南部は前線の影響で雨が降る所があるでしょう。標高の高い山は気温が低いため、雪になる所もある見込みです。
6日(金)夜から7日(土)は、山沿いを中心に冷え込みが強く路面が凍結するおそれがありますので、峠越えされるドライバーの方は十分ご注意下さい。