きょう22日は冬至。一年で最も昼の長さが短い頃。きょうの日本列島は、北から南まで雲の多い天気で、雨や雪の降る所も。昼の短さを実感できる所は少ないが、寒さを体感することに。

太陽の折り返し

図は、きょう22日(冬至)の各地の、日の出、日の入時刻と昼の長さです。日本列島の南北差が昼の長さの違いに現れています。冬至、冬なか、冬はじめという言葉がある通り、冬の寒さはこれからが本番ですが、冬至を過ぎると、右端の数字が日を追うごとに増えていきます。つまり昼の長さが挽回してゆくのです。そんなことから、冬至は太陽の折り返しとして、世界中のあちらこちらに、これを祝う行事や休日があります。最も有名になっているのはクリスマス。この時期、寒さの中に、太陽の折り返しを感じてみてください。

22日 雲の多い日本列島 北海道から関東甲信、北陸

画像B

【北海道】道東では日中晴れる所が多くなりますが、道央や道北、道南は夕方まで雲が多いでしょう。昼過ぎまで雪の降る所がありそうです。最高気温は、平年並みか低い所が多いでしょう。道北や内陸を中心に0度未満の真冬日が予想されます。
【東北】朝のうち晴れる所がありますが、日中は曇り空の所がほとんどです。最高気温は、10度以下の所が多くなりますが、これで平年並みです。
【関東甲信】朝から曇り空の所がほとんどです。夕方から今夜夜半過ぎにかけては雨の降る所が多いでしょう。最高気温は、10度前後の所が多く、平年並みか低くなりそうです。夜は、気温が下がって、長野県や山梨県、群馬県や埼玉県秩父など内陸や標高が高い所では雪になり、積もるおそれがあります。車を運転される方は、思わぬスリップ事故に遭わないよう、路面状況の変化に注意しながらのドライブを心がけてください。
【北陸】曇り空の一日になりそうです。朝晩は雨の降る所がある見込みで、新潟県上越、中越では雪の交ることがあるでしょう。日中の最高気温は、10度を少し上回るくらいの所が多くなるでしょう。北陸は、平年より3度前後高くなりそうです。

22日 雲の多い日本列島 東海、近畿から九州、沖縄

【東海】午前中は、各地曇り空。午後は、愛知や三重などから雨が降りだして、夕方には、静岡や岐阜でも雨になりそうです。岐阜県飛騨では雪まじりになるでしょう。日中の最高気温は、15度近くになる所がありますが、多くの所は10度前後の予想です。
【近畿、中国、四国】朝から曇り空で、早い所では午前中のうちに雨が降り始めるでしょう。午後は広い範囲で雨になる見込みです。山陰では、曇り空のままで経過する所が多くなりそうです。予想最高気温は、多くの所で10度前後。平年より低くなる所が多く、真冬並みの寒さになる所がありそうです。
【九州、沖縄】すでに雨が降り始めている所がほとんどで、夕方にかけて続く見込みです。種子島から沖縄にかけては、大気の状態が不安定になっているため、滝のように非常に激しく降ることや雷を伴うことがありそうです。急な強い雨や落雷、突風にも要注意です。予想最高気温は、九州では10度を下回る所があり、真冬並みの寒さになる所が多いと予想されます。
くれぐれも、暖かくしてお過ごしください。奄美と沖縄では、25度前後になりそうです。こちらは、平年より高めで、ひと月前くらいの暑さになる所があります