23日は太平洋側は晴れて寒さも少し緩む。日本海側は雲が多く北陸中心に雷雨。北日本など平年より雪の少ない状態が続く。

23日 関東甲信の雨や雪は明け方まで 北陸周辺は日中は雷雨に注意

画像A

【気圧配置】
日本付近に大陸から高気圧が張り出しますが、気圧の谷が日本海を東へ進み次第に北陸地方へ近づく見込みです。
【全国各地の天気〜西から〜】
沖縄は雲の間から時々日差しが出るでしょう。九州、四国、山陽は晴れる見込みです。山陰から近畿北部は曇り空で、局地的な雷雨があるでしょう。近畿南部と中部、東海は晴れる見込みです。関東甲信は明け方まで雨や雪の降る所がありますが、日中は晴れて日差しがしっかり届くでしょう。北陸は雨が降ったりやんだりでカミナリを伴う所がある見込みです。東北は昼前までに雪や雨がやんで太平洋側では次第に日差しが出ますが、日本海側は雲の多い天気が続くでしょう。北海道は日本海側で雲が多く、昼過ぎ以降はにわか雪の所がありますが、太平洋側とオホーツク海側は晴れる見込みです。

23日 最高気温 九州や四国、紀伊半島、東海は15度以上の所も

【全国各地の最高気温】
最高気温は沖縄から東北にかけては平年よりやや高くなるでしょう。沖縄は20度を少し超える程度で快適に過ごせる見込みです。九州や四国は所々で15度以上になり、昼間は秋の装いでも寒くはないでしょう。中国、四国から関東にかけては13度前後で、紀伊半島や東海は15度以上の所もある見込みです。厳しい寒さが少し緩み、きょう(22日:日曜)に比べると日差しにホッとできる所が多くなるでしょう。北陸や甲信は10度前後、東北は8度前後で平年より2度ほど高い予想です。このため、北陸や東北の日本海側は降水が予想されますが、雪ではなく雨の所がほとんどでしょう。一方、北海道は平年より低く、0度前後の予想です。内陸部や北部は日中も氷点下で凍えるような寒さが続くでしょう。例年に比べて積もっている雪の量は少なくても、路面が凍結している所もあるため車の運転や足元などには十分ご注意ください。