あす4日夜〜5日は北陸周辺で雪の降り方が強まる。交通機関の乱れに注意。8日頃は本州の南を低気圧が通過し、太平洋側を中心に広く雨に。

あす4日夜〜5日午前 北陸周辺に発達した雪雲

画像A

あす4日(土)は、大雪の目安となる寒気(上空5500m付近で氷点下30度以下)を伴う気圧の谷が、日本海から近づくでしょう。
4日の昼頃までは、日本海側も雪や雨はほとんどやんで、風も比較的穏やかな見込みです。ただ、4日夜から5日の午前にかけては、状況が変わります。北海道から東北の日本海側や北陸周辺にかけて、広く雪になるでしょう。特に降り方が強まるのは『新潟〜北陸3県・関東北部山沿い・長野と岐阜の山沿い』です。短い時間で急に積雪が増える所があるでしょう。また、東北太平洋側の沿岸部も所々で雪が降り、路面が凍結するおそれがあります。ふるさとや旅先などから、長距離の移動をする方も多いと思いますが、気象情報・交通情報を十分に確認し、時間に余裕を持った行動を心がけてください。

天気は短い周期で変化

多くの方が仕事始めを迎える6日(月)は、日本海側の雪や雨もやんで、広く晴れる見込みです。ただ、晴れをもたらす高気圧は足早に東へ離れ、本州の南に低気圧が進んでくるでしょう。7日(火)は九州から東海で雨が降り出して、8日(水)には関東、北陸、東北も雨。低気圧の進路や発達の度合いによっては、太平洋側で雨や風の強まる所がありそうです。北海道も雪や雨の所があるでしょう。9日(木)は一時的に冬型の気圧配置となり、日本海側の一部で雪や雨。10日(金)は広い範囲で晴れるでしょう。
気温は全国的に平年並みか高い日が多い見込み。極端な寒さはなさそうです。