あす8日(水)は急速に発達する低気圧の影響で雨や風が強まり、荒れた天気になりそうです。この低気圧が暖かい空気を運んできますが、その後は一転して冷たい空気に。気温のアップダウンが大きいでしょう。

あす 雨風強く 荒れた天気に

あす8日(水)は日本海で急速に発達するとみられる低気圧や前線が日本付近を通過。全国的に暴風や高波に警戒が必要です。また暖気が流れ込み、九州から関東、北陸は最高気温が15度前後まで上がるでしょう。東海や関東は、サクラが咲くころの季節はずれの暖かさになりそうです。
沖縄と九州、中国、四国は朝まで雨が降るでしょう。九州南部や四国では局地的に雷を伴って激しく降りそうです。
近畿と東海は昼ごろまで雨が降り、雷が鳴ったり、雨脚の強まる所があるでしょう。
関東の雨のピークは昼前後で、沿岸部を中心に雷を伴ってザッと強く降りそうです。北部は山地を中心に大雪に警戒して下さい。
北陸は雨や雷雨、東北は朝のうちは雪の所が多いですが、次第に雨に変わるでしょう。積雪の多い所では雪解けが進みそうです。河川の増水やなだれに注意して下さい。
北海道は、夕方から南西部や東部を中心に雪が降るでしょう。
【風の予想】最大風速(最大瞬間風速)あす8日まで
近畿、東海、北陸、伊豆諸島 25メートル(35メートル)
中国、四国、関東甲信 23メートル(35メートル)
九州北部、東北 20メートル(30メートル)
【波の予想】
近畿、北陸、伊豆諸島 6メートル
九州北部、中国、東海、関東 5メートル

来週にかけて 冬型は一時的

画像B

9日(木)は一時的に冬型の気圧配置となりますが、長くは続きません。その後は、12日(日)に本州の南岸を低気圧が進む見通しで、短い周期で天気が変わるでしょう。
9日は低気圧が東の海上へ離れ、一時的に冬型の気圧配置に変わります。寒気が流れ込むため、北海道と東北では日本海側を中心に雪が降りますが、雪不足を解消するほどの積雪はなさそうです。北陸は雨の所が多いですが、山沿いを中心に雪が降るでしょう。関東から九州の太平洋側は晴れて、季節風が強まりそうです。最高気温は、前日(8日)よりガクッと気温が下がるものの、日中は日差しの温もりを感じられそうです。
10日(金)と11日(土)は、日本海側では寒気の影響で雲が広がりやすいですが、太平洋側は晴れる見込みです。
12日は低気圧が本州の南岸を進む予想です。沖縄と九州から東北の広い範囲で冷たい雨が降るでしょう。関東甲信の山沿いや内陸は雪になり、積雪が増えそうです。
少なくともこの先1週間は、年末年始のような強い寒波はやってこない見込みです。