10日(金)は、冬型の気圧配置は緩むでしょう。12日(日)は、日本の南を低気圧が東へ進む見込みです。広く雨が降るでしょう。関東では、真冬のような寒さになりそうです。

あす10日(金) 関東南部に雨雲かかる可能性あり

画像A

10日(金)は、冬型の気圧配置は緩む見込みです。北陸付近は、朝まで大気の状態が不安定でしょう。
北海道は、晴れ間が出る所が多いでしょう。オホーツク海側では夕方にかけて雪が降る所がある見込みです。東北は、日本海側は日中は雪の止みますが、雲が多いでしょう。夜は再び雪雲がかかる見込みです。太平洋側は日差しが届くでしょう。北陸は、朝まで雨が降る見込みです。山沿いでは雪でしょう。所々で雷が鳴り、降り方が強まることがありそうです。日中も日差しは少なく、夜は新潟を中心に日本海から雪雲や雨雲が流れ込むでしょう。近畿の日本海側や山陰は、午前中は雨が降る所がある見込みです。午後も雲が多いでしょう。関東は、晴れ間が出る予想ですが、東海沖で北風と北西の風がぶつかり雨雲が発生。この雨雲が北へ広がり、関東南部に午前中かかる可能性があります。最新の気象情報をご確認下さい。東海、近畿の太平洋側、山陽、四国、九州は、雲が広がる時間帯もありますが、日差しが届くでしょう。沖縄は、大体晴れる見込みです。

あさって11日(土) 天気下り坂へ

画像B

11日(土)は、北日本付近を気圧の谷が通過するでしょう。大陸から東シナ海には前線が延び、前線上に低気圧が発生する見込みです。北海道や東北、北陸に日本海から雪雲や雨雲が流れ込むでしょう。九州や中国地方、四国は、雲が広がり、天気は下り坂へ向かいます。

12日(日) 南岸低気圧で雨や雪 関東は真冬のような寒さ

画像C

12日(日)は、低気圧が日本の南を東進するでしょう。九州から関東にかけて広く雨が降る見込みです。東北も雨が降り、山沿いを中心に雪になるでしょう。日本の南を通る低気圧、いわゆる南岸低気圧といえば、関東の平野部にも雪をもたらすことがあります。今回は、寒気の流れ込みは、それほど強く予想されておらず、雪になるのは、甲信や関東北部でも標高の高い所が中心になりそうです。ただ、関東では気温の上がり方は鈍く、最高気温は東京都心で7度など、真冬並みになる所が多い見込みです。

13日(月)以降 寒気ゆっくり南下

13日(月)は、低気圧は日本の東を北東へ進むでしょう。北海道の西で気圧の谷が深まり、北海道では雪が降る見込みです。14日(火)も北海道は雪が降り、東北や北陸から中国地方も、雨や雪が降るでしょう。東海沖には低気圧が発生し、14日にかけて、関東付近を通過する見込みです。関東に雨雲がかかるでしょう。
この時期は、低気圧が日本付近を通過した後に強い寒気が流れ込むことが多くあります。13日以降の寒気の流れ込みはゆっくりで、上空1500メートル付近で氷点下6度以下の寒気は、16日(木)にかけて東北南部付近まででしょう。この時期として特に強い寒気とはならないものの、北海道や本州に日本海から雪雲や雨雲が流れ込みやすい日が続く見込みです。中国地方では、発達した雨雲や雪雲が同じような所にかかり続け、局地的に降水量が多くなる可能性があります。