低気圧と高気圧が周期的に日本付近を通り過ぎるこの時季、関西周辺では一週間に数日のペースでサーフィンに適した波が届いています。

いい波はいつ

画像A

太平洋側は、23日水曜日にかけて前線の北側で強まる東よりの風によって、波の高い状態が続く見込みです。サーフィンには危険な状況となる可能性があるため、注意が必要です。風がからむため、まとまりには欠けるものの、場所によってはサーフィン可能なコンディションでしょう。24日木曜日は東からの波が落ち着きつつ、風が弱まるタイミングで波がまとまるかもしれません。25日金曜日以降は小波となりそうですが、27日日曜日の後半からは波が高くなる可能性があります。日本海側は、きょう21日は小波となりますが、午前中は何とか乗れる波がありそうです。22日火曜日以降は、寒気が流れ込むことは無く、小波が続くため、サーフィンは厳しいでしょう。