きょう19日、日中は晴れる所が多いが、日本海を東進する低気圧や前線の影響で九州や中国地方は雨雲が湧きやすい。夜になると、近畿や北陸以北の日本海側も次第に雨や雪。雷を伴う所も。

日中 九州と中国地方のかたは 念のため雨具を

画像A

きのう、関東周辺に冷たい雨や雪を降らせた低気圧は東へ離れました。きょうは広い範囲で日が差すでしょう。ただ、低気圧が日本海西部で発生し、次第に東進する予想。この影響で、日本海側は雨または雪の所が増えてきます。降り出すタイミングが早いのは、九州と中国地方です。
【各地の天気(西から)】
沖縄は、雲が主役ですが晴れ間はあるでしょう。
九州は、今朝、西の方の地域で局地的に雨雲が湧いており、夕方にかけても所々でにわか雨がありそうです。
中国地方は、昼前後から山陰を中心に急に雨の降りだす所があるでしょう。
四国は午後は雲が多くなりますが、天気の崩れはなさそうです。
近畿も、日中いっぱいは雨具の必要なし。夜になると所々で雨が降るでしょう。
東海と関東は晴れる見込みです。
北陸と東北日本海側は昼頃まで晴れ。天気はゆっくり下り坂で、夜は雨や雪に。時間が遅くなるほど大気の状態が不安定になり、雷を伴う所があるでしょう。
東北太平洋側と北海道は、おおむね晴れ。深夜になると北海道の南西部で雪の降る所がありそうです。

最高気温は平年並みか高い 関東の寒さも和らぐ

今朝は、きのうの朝より冷えている所が多いですが、日中の気温は全国的にきのうと同じくらいか高くなるでしょう。
最高気温は、沖縄は20度くらいで、九州から東海にかけて10度を超える所が多い見込みです。関東は、きのうの日中は2度〜4度くらいと震えるほどでしたが、きょうは10度前後。北風も収まり、日差しの温もりを実感できるでしょう。北陸も10度くらい、東北南部は8度前後、東北北部は5度前後の予想で、きのうに比べて高くなりそうです。北海道もきのうより上がり、札幌は真冬日(一日中0度未満)から解放されるでしょう。
なお、全国的に夕方以降も気温の下がり方は緩やかな見込みです。