水曜日から木曜日は広く雨。東海や関東は水曜日の帰宅時間に雨のピークが重なる可能性があります。一時的にザッと雨脚の強まる所があるでしょう。

水曜の夜に雨のピークか

21日(月)は晴れた所が多くなりましたが、晴天は長続きしません。22日(火)は西から雲が厚くなるでしょう。23日(水)から24日(木)は低気圧や前線の通過に伴って、九州から北海道の各地で傘が必要になりそうです。
23日(水)の朝には、九州から近畿の広い範囲に雨雲がかかり、雨のエリアはさらに東へ広がります。昼頃には関東周辺、夕方以降は東北や北海道でも雨の降りだす所があるでしょう。帰宅時には東海や関東など太平洋側の沿岸部に活発な雨雲がかかりそうです。一時的にザッと雨脚が強まって、地面からの跳ね返りで足元が濡れたり、辺りに水たまりが多くできたりするでしょう。今のところ、24日(木)の朝には雨のやんでいる所が多いですが、東北や北海道の太平洋側では早朝の通勤時間に雨のピークとなる可能性もあります。
低気圧や前線の動きは、まだ予想に幅があります。雨の降り方やピークの時間帯が変わってくる可能性がありますので、tenki.jpで最新の情報をご確認ください。

空梅雨の沖縄は

一方、沖縄では21日(月)は梅雨入り以来、久しぶりに広い範囲で雨が降りましたが、22日(火)は再び晴天。23日(水)は雨が予想されているものの一時的で、24日(木)以降はしばらく梅雨の晴れ間が広がるでしょう。この先も雨が少なく、気温の高い状態が続きそうです。