九州から関東では、太平洋側でぐずついた天気でしょう。27日(月)から28日(火)は、冷たい雨や雪が降るばかりか、荒れた天気になる恐れがあります。

あす24日(金)〜25日(土) 寒気流入

画像A

24日(金)から25日(土)にかけて、上空1500メートル付近で平地で雪の目安とされるマイナス6度以下の寒気が北陸付近まで流れ込む見込みです。というものの、この時期として特に強い寒気ではなく、さらに上空でも雪雲を発達させるような寒気は、北海道付近まででしょう。北海道は日本海側やオホーツク海側を中心に雪が降り、ふぶく見込みです。東北の日本海側や北陸も雪や雨が降る所がありますが、降り続くことはないでしょう。中国地方も一時的にザっと強い雨が降る所がある見込みです。九州や四国は、湿った空気の影響で、所々で雨が降るでしょう。

日本の南に前線停滞 26日(日)は関東も冷たい雨や雪

日本の南には、この時期としては暖かい空気が流れ込んでいる状態で、寒気が南下してきます。暖かい空気と冷たい空気がぶつかり合うことで前線ができ、その前線が、25日(土)には大陸から九州付近に延びてくる見込みです。九州は雨が降り出し、雨の範囲は東へ広がるでしょう。
前線は、26日(日)から27日(月)頃にかけて日本の南に停滞する見込みです。九州から関東に雨雲がかかるでしょう。この雨は、前線の北側で降る冷たい雨です。四国や中国地方から東海の山沿いを中心に雪になるでしょう。甲信では市街地などでも雪になり、関東の平野でも雪がまじる可能性があります。

27日(月)〜28日(火) 九州〜関東 太平洋側で荒れた天気の恐れ

27日(月)から28日(火)にかけては、日本の南の低気圧の影響で、九州から関東では、雨や雪が強まり、風も強まって、太平洋側で荒れた天気になる恐れがあります。ただ、予報にはまだ幅があり、低気圧や前線が陸地から離れて、雨雲はほとんどかからない可能性もあります。最新の気象情報をご確認下さい。