この先一週間、北海道と東北は日本海側を中心に雨の日が多く、雨脚の強まる所もあるでしょう。一方、関東から西は晴れる日が多く、雨は降っても一時的です。広い範囲で、例年より雨の少ない状態が続いていますが、この先もしばらくは、まとまった雨はなさそうです。

あすの天気

あすは、低気圧が日本海と関東沖をそれぞれ東へ進みます。
【各地の天気】
沖縄は雲が多めですが、日の差すこともあるでしょう。最高気温は30度前後で、かなり蒸し暑く感じられそうです。
九州と中国、四国は、おおむね晴れ。日中の気温は広く25度を超え、30度近くまで上がる所もあるでしょう。
近畿と東海、北陸は、朝までは低気圧や湿った空気の影響で雨の所がありますが、昼頃から晴れてきます。最高気温は、あすも30度くらいの所が多い見込みです。
関東甲信越は一日雲が多く、昼前後にかけて所々で雨が降る見込みです。最高気温は23度前後で、暑さは和らぐでしょう。
東北と北海道は、日本海の低気圧の影響で昼頃から広く雨が降るでしょう。日本海側を中心に、カミナリを伴って強く降る所もありそうです。日中の気温は23度くらいの所が多いでしょう。釧路など北海道の東部は15度前後で、少しヒンヤリと感じられそうです。

あさって以降の天気

あさって金曜日、低気圧が日本海から北日本へゆっくりと近づきます。北海道と東北は断続的に雨が降り、日本海側を中心に強く降ることもあるでしょう。風も強まって、横殴りの雨の所もありそうです。大きめの傘やレインシューズが役に立つでしょう。一方で、関東から九州は、午前中は局地的に雨雲が湧きますが、午後は広く晴れる見込みです。
その先、北海道と東北は、週末にかけても動きの遅い低気圧の影響で雨が降ったり止んだりですが、関東から九州にかけては晴れる日が続いて、しばらくはまとまった雨はない見込みです。
ただ、6日火曜日から7日水曜日にかけて、西から近づく前線や低気圧の影響で、九州から関東まで広く雨。まだ、低気圧の進路などが不確定ですが、久しぶりに本降りの雨になる所もありそうです。