あす(23日)は九州から関東にかけて広く雨や雷雨で、傘をさしていてもぬれるような激しい雨の降る所もあるでしょう。東北も夜は雨具が必要になりそうです。

激しい雨に注意

あす(23日)からあさって(24日)にかけて低気圧や前線が本州の南岸沿いを進むでしょう。
九州から東海は朝から、関東も昼ごろから雨が降りだす見込みです。暖かく湿った空気が流れ込むため、太平洋側を中心に大気の状態が不安定になるでしょう。四国は昼ごろ、近畿は昼過ぎから夕方、東海は夕方から夜が雨のピークとなりそうです。カミナリが鳴ったり、激しい雨の降る所もあるでしょう。激しい雨とはバケツをひっくり返したような雨で、道路が川のようになってしまうこともあります。アンダーパスなど低い道路の冠水に注意が必要です。落雷や突風にもご注意下さい。関東も夜は本降りの雨となるでしょう。東北も夜は雨具が必要になりそうです。
あさって(24日)は西から天気が回復しますが、関東や東北ではあさっての朝まで所々で雨が残るでしょう。

気温もダウン

きょう(22日)はたっぷりの日差しで気温が上昇。広く気温が25度以上の夏日でした。午後3時までの最高気温は、東京は27度3分と7月並み、大阪は29度3分と真夏日に迫る暑さとなりました。
あす(23日)は日差しがほとんど届かず、気温の上がり方は鈍くなるでしょう。最高気温は大阪や名古屋、東京でも20度から22度くらいで、季節先取りの暑さは収まりそうです。日中も長袖でちょうどよいくらいでしょう。