きょう2日は広い範囲で穏やかに晴れて、日差しの温もりを実感できそう。それもつかの間、あす3日(節分)には低気圧が通過。その後、暦は春でも寒さは厳しく北は大雪に。

きょう2日 全国的に穏やか 気温は3月並み

きょう2日は、冬型の気圧配置が緩みます。今朝、雪や雨の降っている所も、天気は回復するでしょう。きのうまで吹いていた冷たい風も、収まってきます。
【天気】北海道は日差しがあるでしょう。日本海側では昼前後を中心に局地的に雪雲がかかりますが、雪の降る時間は短く、降り方も弱い見込みです。東北の太平洋側はおおむね晴れ。東北の日本海側と北陸は、今朝は所々で雪や雨が降っています。昼過ぎにはやんできて、雲の間から日の差すこともありそうです。関東から九州、沖縄にかけて、広く晴れるでしょう。
【最高気温】北海道は0度前後の所が多く、きょうも平年並みですが、風が収まるぶん寒さは和らぎそうです。東北から九州にかけては、きのうと同じかやや高く、3月並み。東北北部は5度前後、東北南部と北陸は8度〜10度くらい、関東から九州は12度前後の所が多いでしょう。沖縄はきのうよりやや高く、20度くらいの予想です。

3日 低気圧通過 大雪や寒さの引き金に

画像B

穏やかな天気は、つかの間です。
あす3日(節分)は、前線を伴った低気圧が北日本を通過するでしょう。北海道と東北は昼頃から日本海側を中心に天気が崩れます。はじめは暖かい南風が強まるため平地では雨の所が多いですが、午後は次第に雪の範囲が広がるでしょう。積雪が急に増える所もありそうです。北陸は断続的に雨で、山沿いは雪に。関東も夕方以降は沿岸部を中心ににわか雨の所がありそうです。
4日(立春)以降、暦の上では春へ。でも季節は一時的に逆行します。今シーズンは寒気の流れ込みが弱く、冬らしくない天気が続きましたが、6日(木)頃にかけて強烈な寒気が流入。上空1500m付近で見ると、「平地で雪」の目安(ー6度)が本州や四国付近をスッポリと覆い、秋田上空では「-18度以下」と、数年に一度しか観測されないような強さとなる見込みです。全国的に寒さが厳しくなります。北海道から東北の日本海側、北陸にかけて広く雪で、交通機関が乱れるほどの大雪となる所もありそうです。近畿北部や山陰の平地も雪が降るでしょう。九州をはじめ、今シーズン、まだ雪が観測されていない所にも一時的に雪雲が流れ込み、ようやく初雪の便りが届くかもしれません。