きょう5日からあす6日にかけて、冬将軍が到来。上空には今シーズン最強の寒気が流れこみ、次第に冬型の気圧配置が強まります。日本海側ではあす6日にかけて大雪に警戒が必要です。一方、太平洋側は晴れますが、きょう5日の午後は北風が強まってグッと寒くなりそうです。

冬型の気圧配置強まる

きょう5日は前線を伴った低気圧が北日本を通過するでしょう。次第に強い冬型の気圧配置になる見込みです。上空1500メートル付近にはー9度以下の強い寒気が西日本まで流れ込むでしょう。今夜からあす6日にかけて今シーズン最強の寒気が流れこみそうです。

日本海側は大雪に警戒

北海道と東北の日本海側や北陸を中心に断続的に雪が降り、大雪となる所がありそうです。あす6日午前6時までの24時間に予想される雪の降る量は、多い所で東北と北陸の山沿いで60センチとなっています。その後も雪は降り続くでしょう。警報が発表されるほどの大雪になる可能性があります。今シーズン一番の積雪になる所が多いでしょう。ふぶいて見通しが悪くなったり、一気に積雪が増えて車の立ち往生が発生したり、交通機関に影響が出ることもあります。お出かけの際は十分にお気をつけください。また近畿北部や山陰にかけても次第に雪や雨が降り、雷を伴う所もありそうです。九州北部も午前中は雨や雪の降る所があるでしょう。

太平洋側は晴天 空気の乾燥に注意

画像C

一方で、関東から九州にかけて、太平洋側を中心におおむね晴れるでしょう。ただ、山沿いでは雪雲や雨雲の流れ込む所がありそうです。晴れる所では空気の乾燥した状態が続きますので、火の取り扱いや、体調管理にご注意ください。

北海道は真冬日 関東は春の暖かさ

最高気温は北海道では最高気温が0度未満の真冬日が続くでしょう。東北や北陸、近畿から九州はきのうより低く、10度に届かない所が多いでしょう。一方で関東はきのうよりも気温が高く、15度前後まで上がり、3月中旬から4月上旬並みの所が多くなりそうです。日差しも多く、春の暖かさになるでしょう。ただ、暖かさは一時的で、午後は次第に北よりの風が強まり、グッと気温が下がってきます。お帰りの際は服装にご注意ください。