きょう7日の朝は全国的に気温がグッと下がり、多くの所で今季一番の冷え込みに。日中の気温は、きのうより上がる所がほとんど。風も収まり、寒さは少し和らぎそう。

7日の天気

画像A

きょう7日は、冬型の気圧配置が緩みます。全国的に風が収まり、日本海側の雪もいったん落ち着くでしょう。ただ、日本海に低気圧が発生し、次第に東進。また、西日本には前線が延びてきます。
【各地の天気】
北海道は、午前中は雪の所は少ないでしょう。昼過ぎからは日本海側に再び雪雲が広がり、オホーツク海側や太平洋側も所々で雪が降りそうです。東北の日本海側は、昼過ぎにかけては雪の降り方は弱まり、やむ所も多いでしょう。夕方以降は各地で雪となって、雷を伴い強く降る所もありそうです。晴れ間のある東北の太平洋側や北陸も、夜になると所々で雪が降るでしょう。関東や東海、近畿はおおむね晴れ。中国と四国は雲に覆われ、午後は弱い雨の降る所もあるでしょう。九州は夕方にかけて、南部を中心に所々で雨が降ります。沖縄は雨や雷雨で、局地的には激しく降るでしょう。

7日の気温

今朝も、全国的に気温がグッと下がり、午前6時半までの最低気温は、仙台でマイナス4.7度、東京都心でマイナス2.1度、金沢でマイナス3.7度、名古屋でマイナス2.2度、大阪でマイナス0.1度など、多くの所で今季一番の冷え込みに。全国のアメダス地点の約75%で0度を下回っています。平地も広く積雪状態となっている日本海側の地域では、路面の凍結に十分な注意が必要です。
最高気温は、ほぼ全国できのうより高くなるでしょう。北海道はマイナス5度〜0度くらい、東北北部は3度前後、東北南部と北陸は6度前後、関東から中国・四国は8度前後、九州は10度くらい、沖縄は23度くらいの予想。各地とも、きのう吹いていた強い風は収まります。寒さは少し和らいで、ホッとできそうです。