日本付近には10日(月)にかけて強い寒気が居座る見通しです。9日(日)は、日本海側の広い範囲で雪が降るでしょう。とくに北海道の日本海側や北陸では大雪に注意が必要です。10日(月)は内陸部や太平洋側でも雪の降る所がありそうです。

9日(日) 強い寒気が再び南下

画像A

日本付近に再び強い寒気が流れ込みそうです。
8日(土)午後1時時点の雲の様子を見てみると、日本海にはスジ状の雲が広がってきています。これは、大陸からの寒気の流れ込みによる雲で、大陸の沿岸まで隙間が少ないことから、上空の寒気が強いことが読み取れます。また、北海道の西岸や、山陰の沖合には風がぶつかって雲が発達している様子も見られます。
8日夜から9日には寒気が日本付近に流れ込むでしょう。下の図のように平地で雪を降らせる目安とされる「上空1500m付近でマイナス6度」の冷たい空気が本州や四国まですっぽりと覆う見込みです。

画像B

【9日(日)の天気】
北海道から東北の日本海側、北陸の広い範囲で雪が降るでしょう。山地を中心に、平地でも積雪が増える所が多くなりそうです。とくに、風がぶつかることで雪雲が発達しやすい北海道の日本海側、そして北陸や北陸と長野の県境付近では、雪の降り方が強まる可能性があります。
北海道から東北の太平洋側、関東、東海は晴れる所が多い見込みです。ただ、各地で北〜西の風がやや強く吹き、雪雲が流れてくる所もありそうです。近畿や中国地方も晴れる所が多いですが、近畿北部や山陰では雪や雨の降る所があるでしょう。九州も北部ほど雲が広がりやすく、午前中は所々で雨や雪が降りそうです。沖縄は雲が多いでしょう。
【9日(日)の気温】
北海道では厳しい冷え込みになりそうです。旭川の最低気温はマイナス25度の予想。旭川でマイナス25度以下になれば、2008年1月19日以来のことです。北海道では、日中も気温がプラスにならず、真冬日の所がほとんどでしょう。東北から九州、沖縄はこの時期らしい気温で、日中の最高気温は8日より低い所が多い予想です。

10日(月) 内陸部や太平洋側も雪の所が

画像C

10日(月)も寒気は居座ります。上空に寒気を伴った低気圧が日本海から本州に近づくので、冬型の気圧配置で雪が降る地域だけではなく、低気圧が近づく北日本・東日本では内陸部や太平洋側でも雪や雨の降る所があるでしょう。大気の状態が不安定になるため、雷が鳴ったり、雪や雨の降り方が一時的に強まることもありそうです。西日本では晴れ間の出る所が多いでしょう。
10日(月)までは日本海側を中心に雪の降りやすい状態が続き、山間部だけではなく平地でもさらに積雪の増える所がありそうです。雪の多く積もった所では、雪崩や屋根からの落雪に十分な注意が必要です。