2日(日)は東北や関東から九州で最高気温が30度以上の真夏日の所が続出するでしょう。関東は3日(月)にさらに暑くなり、都心の最高気温は35度の予想です。

きょうは西日本を中心に今年一番の暑さ

きょう1日(土)は、梅雨前線が関東北部から北陸に停滞。前線の南側に入り、日中に雨がやんだ近畿から九州を中心に今年一番の暑さとなった所がありました。宮崎の最高気温は35度5分と、九州では今年初めて猛暑日に。そのほか山口は34度4分、広島33度1分、大分33度0分など、軒並み30度を超えて真夏並みの暑さになりました。また、梅雨前線から離れた北海道でも30度を超えた所があり、札幌の最高気温は29度5分と、今年一番の暑さで、真夏日地点は全国のアメダスの3割にのぼりました。(※最高気温は午後3時半までの値です。)

日曜はどのくらい暑い?

あす2日(日)は、梅雨前線は東北南部に停滞し、低気圧が北海道を通過します。雨が降る北海道は暑さが収まるでしょう。一方、きょう、あまり気温が上がらなかった関東も含めて、東北から九州は広い範囲で30度を超える見込みです。全国の5割近くで真夏日が予想されています。今年一番の暑さをさらに更新する所があり、35度に迫る暑さの所もあるでしょう。仙台は31度の予想で、今年初めて真夏日になりそうです。大阪は朝の最低気温が25度の予想で、熱帯夜となる可能性があります。西日本では夜間に寝苦しさが続くうえに、日中は真夏のような厳しい暑さですので、体調を崩さないよう、お気をつけください。

関東は月曜にさらに暑くなる

関東地方は3日(月)に暑さのピークとなるでしょう。地上付近の温度場が上昇するうえに、山越えの暖かい空気が入るため、関東地方は高温になりやすい場が予想されます。内陸部を中心に猛暑日となり、強い日差しが照りつければ、都心でも35度を超える可能性があります。4日(火)の朝にかけては気温が下がりにくく、熱帯夜となるでしょう。これまでより、昼間も夜間も暑さがレベルアップしますので、無理をせずにエアコンを使うなど、暑さ対策を万全にしてください。