南西諸島や西日本、東海、関東は晴れて、猛暑が続くでしょう。一方、北陸や東北、北海道は曇りや雨の日が多く、大雨になる日もありそうです。日差しがなくても気温は高めで、真夏のような暑さが続く見込みです。

あすの天気

あす(20日木曜日)、本州付近は緩やかに高気圧に覆われるでしょう。九州から東北にかけては晴れる所が多い見込みです。大気の状態も安定し、にわか雨は山沿いが中心になるでしょう。ただ、九州や四国は湿った空気が流れ込みやすいため、所々で雨や雷雨がある見込みです。局地的に激しく降りますのでご注意下さい。一方、北海道は気圧の谷に入るでしょう。雲が広がりやすく、南西部や北部は朝は雨の降る所がある見込みです。
あす(20日)は、たっぷりの日差しに加えて、南寄りの風が吹くため、日中の気温は各地でグンと上昇します。最高気温は全国的に平年を上回り、日本海側を中心に35度以上の猛暑日の所が多くなるでしょう。那覇や福岡、松江は34度、鳥取や大阪は35度、名古屋34度、東京32度、福井36度、金沢や新潟は33度、福島34度、仙台29度、秋田32度の予想です。激しい運動を避けたり、水分補給をこまめにするなど、熱中症対策はしっかりと行って下さい。また、札幌27度、旭川29度、網走30度と、北海道でも30度くらいまで上がる所があるでしょう。

あさって以降の週間天気

あさって(21日金曜日)以降は、南西諸島や西日本、東海、関東は晴れる日が多いでしょう。所々でにわか雨や雷雨がありますが、山沿いが中心です。来週は雲が広がる日もありますが、晴れ間もあり、暑さも続くでしょう。最高気温は33度前後の日が多く、寝苦しい夜も続く見込みです。寝ている時も熱中症にかかりますので、冷房をかけて睡眠をとるなど、我慢せずにエアコンも上手に活用して下さい。一方、北陸や東北、北海道は気圧の谷の影響を受けやすくなるでしょう。21日(金曜日)は北海道で雨が降り出し、22日(土曜日)は東北も雨が降りやすくなります。23日(日曜日)と24日(月曜日)は北陸でも傘の出番です。北陸や北日本では風が強まったり、大雨になる所もありますので注意が必要です。ただ、天気のわりに気温は高めで、北海道でも30度近くまで上がる日が多いでしょう。北陸や東北、北海道も真夏のような暑さが続きそうです。