きょう19日、九州付近に台風のような、丸く発達した雲があります。今後、この雲のあたりで低気圧が発生して、四国沖に進むでしょう。

台風のようにも見える雲

きょう19日(水)、気象衛星画像を見ると、九州付近に台風のような、丸く発達した雲があります。きのうは見られなかった雲で、きょうになって急速に発達しています。(下記リンクの「雲のようす(気象衛星)」で、画像を再生していただくとよく分かります。)この付近には暖かく湿った空気が流れ込んでおり、一方で、上空には寒気があるため、雲が空高い所まで発達しています。

影響は?

今後、この雲のあたりで低気圧が発生して、四国沖に進むでしょう。低気圧は動きが遅く、同じような所にしばらくとどまる見込みです。今のところ、広範囲でこの低気圧の影響を受けることはありませんが、低気圧の東側にあたる、紀伊半島付近を中心に太平洋側には南から湿った空気が流れ込みやすい状態が続くでしょう。四国沖の海水温は平年より高いため、とどまっている間に発達したり、熱帯低気圧に変わったりする可能性もあります。予想より雨の範囲が広がることも考えられますので、念のため最新の情報をご確認ください。