20日、札幌管区気象台が1か月予報を発表しました。気温は太平洋側で平年より高く、日本海側とオホーツク海側は平年並みか高いでしょう。前線や湿った空気の影響を受けやすく、向こう1か月の降水量は平年並みか多く、日照時間は平年並みか少ない見込みです。なお、21日〜22日の道内は雷を伴った激しい雨が降る見込みです。低い土地いの浸水や土砂災害、河川の増水、竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうに十分注意してください。

21日(金)〜22日(土) 激しい雨に注意

21日から22日にかけて、前線が北海道付近を通過します。前線に向かって暖かく湿った空気が入り、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。21日は北部を中心に1時間に40ミリとバケツをひっくり返したような激しい雨が降る見込みです。21日18時までの24時間降水量は、宗谷地方の多い所で80ミリで、22日にかけてさらに増える恐れがあります。また、22日は広い範囲で激しい雨が降るでしょう。
・網走、北見、紋別地方:21日昼前から落雷や突風、ひょう、急な強い雨に注意。
・宗谷地方:21日昼過ぎから激しい雨。低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水などに注意。
・上川、留萌地方:21日夕方から激しい雨に。
・石狩、空知、後志地方:21日夜遅くから局地的な激しい雨に。
・渡島、檜山、胆振、日高地方:21日夕方から落雷、突風、ひょう、急な強い雨に注意。

週ごとの詳しい天気

(7月22日〜7月28日)
北海道付近に前線が停滞しやすく、湿った気流の影響を受けるでしょう。22日(土)は全道的に雨が降り、山沿いを中心に局地的に激しい降り方となる見込みです。23日(日)〜24日(月)も雨が降りやすく、その後もすっきりとしない天気となりそうです。気温は太平洋側は平年より高く、日本海側とオホーツク海側は平年並みか高いでしょう。
(7月29日〜8月4日)
引き続き、前線や湿った空気の影響を受けやすいでしょう。平年に比べて晴れる日が少なく、すっきりとしない天気の日が多くなりそうです。気温は平年並みでしょう。
(8月5日〜8月18日)
高気圧に覆われる日や気圧の谷の影響を受ける日がある見込みです。平年と同様に天気は数日の周期で変わるでしょう。8月2週目になるとようやく晴れる日が日が増えてきそうです。気温は平年並みか高く、再び厳しい暑さとなる日もありそうです。