関東甲信まで広く梅雨明けしていますが、この夏は夏空は安定せず、度々雷雨に見舞われそうです。暑さのピークは2回ありそうです。最新の1か月予報の資料をもとにこの先の天候をまとめました。

◆暑さのピークは2回

1週目(7月22日〜28日)は猛烈な暑さが続きますが、2週目(7月29日〜8月4日)は夏空が少なく、雷雨に見舞われることも。猛暑も一旦トーンダウンしそうです。3〜4週目(8月5日〜18日)は再び太平洋高気圧が張り出し、夏空と厳しい暑さが戻るでしょう。

◆週毎のポイント

【1週目(7月22日〜28日)】猛暑続く
北海道から北陸は来週前半にかけて雨の降る日が多いでしょう。活発な雨雲がかかり、大雨の恐れもあります。関東や東海も梅雨明け10日とはいかず、来週は雲が広がりやすくなり、雨の降る日もあるでしょう。近畿から九州、沖縄、奄美は夏空が広がりますが、局地的な雷雨には注意が必要です。気温は全国的に平年より高く、体にこたえる暑さが続くでしょう。都市部では夜間も気温が下がりにくく、寝苦しい夜が続きそうです。
【2週目(7月29日〜8月4日)】夏空、安定せず
太平洋高気圧の日本付近への張り出しは弱く、湿った空気が流れ込みやすいでしょう。九州から北海道は夏空は少なく、度々雨や雷雨に見舞われそうです。局地的な大雨にも注意が必要になりそうです。最高気温は平年並みの予想です。蒸し暑さが続きますが、極端な暑さの日は少ないでしょう。沖縄や奄美は太平洋高気圧の圏内で夏空が広がり、厳しい暑さが続きそうです。
【3〜4週目(8月5日〜18日)】お盆は厳暑戻る
お盆にかけては再び太平高気圧の張り出しが強まるでしょう。九州から関東は強い日差しが照りつけて、うだるような暑さが戻ってきそうです。東北と北海道の天気は数日の周期で変わるでしょう。沖縄や奄美は引き続き晴れて、暑さが厳しいでしょう。