沖縄、九州から関東は猛暑。午後は天気急変であちこち雷雨。東北と北海道は前線通過で局地的に滝のような雨。

激しい雨に注意が必要なのはいつ頃まで

きょう(22日:土曜)は猛暑、天気急変、局地的に降る滝のような雨に警戒が必要です。
【激しい雨に注意が必要なのはいつ頃まで】
北海道は東部を中心に昼前後。東北は北部を中心にあす(23日:日曜)にかけて。関東から九州、沖縄は昼頃から夜の初め頃まで。
【全国の天気(22日:土曜)】
北海道の南西部と北部は次第に天気は回復しますが、大雨になった所は引き続き土砂災害などにご注意ください。北海道の東部は昼前後に激しい雨の降る所がありそうです。東北北部は強弱を繰り返しながら雨が降り、局地的に非常に激しく降るでしょう。あすにかけて大雨に警戒が必要です。東北南部は昼過ぎから雨雲がかかりやすく、所々で激しい雨が降る見込みです。北陸は雲が多く、所々で雷雨となるでしょう。関東甲信、東海、近畿、中国、四国、九州は昼頃までは日差しが出ますが、次第に大気の状態が不安定になり、所々に雨雲やカミナリ雲が発生するでしょう。短い時間にザッと激しい雨の降ることもありそうです。沖縄は晴れますが、先島地方や大東島地方は局地的な雷雨がありそうです。
【全国の最高気温(22日:土曜)】
北海道は北部や東部は22度前後、南西部と内陸部は28度前後の予想です。東北は30度前後で雨でも気温は高めです。関東から九州、沖縄にかけては34度前後で体に堪える暑さが続くでしょう。特に近畿や中国、四国、九州は35度以上の猛暑日の所がありそうです。大分県の日田市は37度の予想です。九州北部豪雨の被災地での復旧作業は熱中症に注意が必要です。
【天気急変の合図】
①黒い雲が近づいて空が急に暗くなる時。
②急に(冷たく)強い風が吹きぬける時。
③雷の鳴る音が聞こえる時、雷の光が見える時。
【土砂災害の前兆】
①斜面にひび割れができ、それが急に広がってきた。
②木が避けるような音、地鳴りなどの異様な音、普段とは違う臭いがする。
③今まで涸れたことのない湧き水が止まる、逆に、湧き水のなかった所から水が湧き出し、それが濁っている。
※雨が弱まってから、または天気が回復して(晴れて)から、大きな山崩れが発生することもあります。大雨の後、1〜2日ぐらいは斜面の様子に気をつけましょう。