秋田県で梅雨末期の集中豪雨。雄物川(おものがわ)上流で氾濫発生。大仙市(だいせんし)では浸水の恐れ。

浸水の恐れ

秋田県では昨夜から大雨に見舞われています。断続的に激しい雨が降っていて、局地的には滝のように非常に激しく降っています。このため、秋田県内では複数の河川で氾濫危険水位を超えていて、秋田県の秋田市(あきたし)や大仙市(だいせんし)を流れる雄物川(おものがわ)では上流60.2キロ、45キロ付近(右岸)で氾濫が発生しました。
氾濫により浸水が想定される地区は秋田県大仙市協和峰吉川(きょうわみねよしかわ)、神宮寺(じんぐうじ)、花館豊後野(はなだてぶんごの)、花館間倉(はなだてまぐら)です。
気象条件や堤防決壊の状況によっては、他の地区でも氾濫による浸水がおこる可能性があります。自治体からの避難指示・勧告などの情報に注意し、危険を感じたら早めに避難するようにしましょう。